2008年の成長期

100% プティ・マンサン

2008年は寒くて雨の多い春で始まりましたが、畑の樹々の芽吹きは例年並でした。開花期に雨が降りがち な気候の為ぶどうの結実が遅れ、必然的に生産量が少なくなりました。夏は非常に暑く9月初旬までほどん ど雨が降らず、これがぶどうの良好な色づきと成熟を促しました。その中で、夜の涼しさはぶどうの香りを 高めることに貢献しました。9月中旬は北風が吹き、気温が下がりましたが、涼しいながらも、風と陽光を 充分に受け、ぶどう粒は自然に乾燥が促され、豊かな香りを閉じ込めつつ、糖度と酸度を凝縮することがで きました。

醸造と熟成

収穫は10月の後半に3回に分けて行い、収穫の都度充分に甘みの凝縮しているぶどうだけを選び収穫しまし た。醸造所に運び込まれたぶどうは収穫ごとに別々に醸造を行いました。時間をかけて緩やかに圧搾し、一 晩デブルバージュを行って固形物を沈殿。それぞれのロットはバリック新樽を100%使用し、22°C以下でア ルコール醗酵が行われ、糖度とアルコール度数が程よくバランスの取れた状態に達したところで、10日間冷 却し(0°C)、醗酵を止めます。マロラクティック醗酵は行いません。その後澱引きをし12ヶ月間熟成を行っ た後、別々に醸造・熟成されたロットをブレンドし、瓶詰めを行った後は更に1年間の瓶熟成を行い出荷をし ました。

テイスティングコメント

オルヌス・デル・オルネッライアは、テロワールにかける情熱と、この土地の持っている可能性探求への欲 求によって生まれた、究極の甘口ワインです。温暖な気候と秋のボルゲリに吹く風が、このワイン造りに大 きく貢献しています。初めてのヴィンテージとなるオルヌス・デル・オルネッライア 2008は、深く濃い金色で、極めて複雑な香りが感じられます。その香りの中には、熟したトロピカルフル ーツ、桃ジャム、蜂蜜などの甘い香りと共に、レモンやグレープフルーツなどの爽やかな香りが調和してい ます。口に含むと、味わいの豊がさ、そして甘い味わいの広がりを大いに感じ、果実味も非常に濃厚です。 豊かな甘みは生き生きとした酸味と完璧に釣り合いがとれ、木のロースト香がほのかに感じられます。余韻 が非常に長く、風味豊かなワインです。

2008年の成長期

100% プティ・マンサン

2008年は寒くて雨の多い春で始まりましたが、畑の樹々の芽吹きは例年並でした。開花期に雨が降りがち な気候の為ぶどうの結実が遅れ、必然的に生産量が少なくなりました。夏は非常に暑く9月初旬までほどん ど雨が降らず、これがぶどうの良好な色づきと成熟を促しました。その中で、夜の涼しさはぶどうの香りを 高めることに貢献しました。9月中旬は北風が吹き、気温が下がりましたが、涼しいながらも、風と陽光を 充分に受け、ぶどう粒は自然に乾燥が促され、豊かな香りを閉じ込めつつ、糖度と酸度を凝縮することがで きました。

醸造と熟成

収穫は10月の後半に3回に分けて行い、収穫の都度充分に甘みの凝縮しているぶどうだけを選び収穫しまし た。醸造所に運び込まれたぶどうは収穫ごとに別々に醸造を行いました。時間をかけて緩やかに圧搾し、一 晩デブルバージュを行って固形物を沈殿。それぞれのロットはバリック新樽を100%使用し、22°C以下でア ルコール醗酵が行われ、糖度とアルコール度数が程よくバランスの取れた状態に達したところで、10日間冷 却し(0°C)、醗酵を止めます。マロラクティック醗酵は行いません。その後澱引きをし12ヶ月間熟成を行っ た後、別々に醸造・熟成されたロットをブレンドし、瓶詰めを行った後は更に1年間の瓶熟成を行い出荷をし ました。

テイスティングコメント

オルヌス・デル・オルネッライアは、テロワールにかける情熱と、この土地の持っている可能性探求への欲 求によって生まれた、究極の甘口ワインです。温暖な気候と秋のボルゲリに吹く風が、このワイン造りに大 きく貢献しています。初めてのヴィンテージとなるオルヌス・デル・オルネッライア 2008は、深く濃い金色で、極めて複雑な香りが感じられます。その香りの中には、熟したトロピカルフル ーツ、桃ジャム、蜂蜜などの甘い香りと共に、レモンやグレープフルーツなどの爽やかな香りが調和してい ます。口に含むと、味わいの豊がさ、そして甘い味わいの広がりを大いに感じ、果実味も非常に濃厚です。 豊かな甘みは生き生きとした酸味と完璧に釣り合いがとれ、木のロースト香がほのかに感じられます。余韻 が非常に長く、風味豊かなワインです。