オルネッライア 2014 レッセンツァ(本質) ( L'Essenza)

DOCボルゲリ・ロッソ・スペリオーレ

極上のワインを造りたいとの熱い思いで立ち上げたオルネッライアの哲学を見事に表現しています。オルネッライアは、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、カベルネ・フラン、プティ・ヴェルドをブレンドし、ボルゲリの豊かなテロワールの卓越性を感じるワインです。

2014年の天候と作柄

カベルネ・ソーヴィニヨ 34%

メルロー32%

カベルネ・フラン14%

プティ・ヴェルド20%

2014年は温暖で雨の多い冬で幕を開け、続いて温かく乾燥した春となり、発芽や開花も例年通りで順調に育ちました。7月も平年と同じ気候が続きましたが、8月は一転して雨が降り、気温も上がらず、ブドウには厳しい気候となります。病害のリスクがあったため、8月はまる1ヶ月、丁寧に葉を刈り込み、こまめに病害対策を続けました。この結果、ブドウは理想の状態になり、収穫期の9月と10月には日照が戻って乾燥した天候となり、ブドウが熟成する絶好の天候になりました。収穫では細心の注意を払い、極上のブドウを厳しく選別しました。区画によっては、3回に分けて収穫したところもあります。健全なブドウだけを選ぶため、選果台でも厳しくブドウを選別しました。 2014年はオルネッライア史上、収穫期間が最も長く、最も遅く終わった年でした。メルローの最初の収穫が始まったのが9月6日でした。昔からある畑では、メルローをも含むほとんどの収穫が10月となりました。最後の収穫が終わったのが10月22日でした。

醸造と熟成

ブドウの房を手摘みして、容量が15kgの小型コンテナーに入れて醸造所へ運びました。除梗の前と後の2回、健全なブドウを選別した後、柔らかく破砕します。ブドウは、品種ごと、区画ごとに分けて醸造します。  発酵にはステンレス・タンクとコンクリート・タンクを使い、26℃~30℃に保って2週間かけます。その後、10日から15日間、果皮とマセレーションさせました。マロラクティック発酵は、主に木樽を使います。木樽の比率は、新樽が70%、1年使用の旧樽が30%です。その後、ワインは、バリックの小樽に入れ、温度管理したセラーで18ヵ月間熟成します。12ヵ月熟成させた時点でワインをブレンドしてから樽に戻し、さらに6ヵ月、樽熟を続けます。瓶詰め後、ボトルで12ヵ月間熟成させてから、市場に出荷しました。

醸造家の試飲コメント

「2014年は、私の記憶の中で最も厳しい試練の年であり、同時に高品質の素晴らしいワインを造ることができ、大きな喜びを感じたヴィンテージです。ブドウは、例年よりゆっくり成熟したため、力強さと生命力をそなえたブドウができました。 中でも印象的なのは、タンニンの質の高さです。口に含むとタンニンはシルキーで洗練されており、ざらつく感じはありません。 今年は、オルネッライアの大きな特徴である「エッセンス」を表現できました。自然なスタイルの中に、際立った個性がある優れたテロワール、畑やセラーで働く人々の高い能力が見えます」

2015年5月 最高醸造責任者 アクセル・ハインツ

RATINGS

Wine Advocate 94

Wine Spectator 90

James Suckling 95

Antonio Galloni 91

2014年の天候と作柄

カベルネ・ソーヴィニヨ 34%

メルロー32%

カベルネ・フラン14%

プティ・ヴェルド20%

2014年は温暖で雨の多い冬で幕を開け、続いて温かく乾燥した春となり、発芽や開花も例年通りで順調に育ちました。7月も平年と同じ気候が続きましたが、8月は一転して雨が降り、気温も上がらず、ブドウには厳しい気候となります。病害のリスクがあったため、8月はまる1ヶ月、丁寧に葉を刈り込み、こまめに病害対策を続けました。この結果、ブドウは理想の状態になり、収穫期の9月と10月には日照が戻って乾燥した天候となり、ブドウが熟成する絶好の天候になりました。収穫では細心の注意を払い、極上のブドウを厳しく選別しました。区画によっては、3回に分けて収穫したところもあります。健全なブドウだけを選ぶため、選果台でも厳しくブドウを選別しました。 2014年はオルネッライア史上、収穫期間が最も長く、最も遅く終わった年でした。メルローの最初の収穫が始まったのが9月6日でした。昔からある畑では、メルローをも含むほとんどの収穫が10月となりました。最後の収穫が終わったのが10月22日でした。

醸造と熟成

ブドウの房を手摘みして、容量が15kgの小型コンテナーに入れて醸造所へ運びました。除梗の前と後の2回、健全なブドウを選別した後、柔らかく破砕します。ブドウは、品種ごと、区画ごとに分けて醸造します。  発酵にはステンレス・タンクとコンクリート・タンクを使い、26℃~30℃に保って2週間かけます。その後、10日から15日間、果皮とマセレーションさせました。マロラクティック発酵は、主に木樽を使います。木樽の比率は、新樽が70%、1年使用の旧樽が30%です。その後、ワインは、バリックの小樽に入れ、温度管理したセラーで18ヵ月間熟成します。12ヵ月熟成させた時点でワインをブレンドしてから樽に戻し、さらに6ヵ月、樽熟を続けます。瓶詰め後、ボトルで12ヵ月間熟成させてから、市場に出荷しました。

醸造家の試飲コメント

「2014年は、私の記憶の中で最も厳しい試練の年であり、同時に高品質の素晴らしいワインを造ることができ、大きな喜びを感じたヴィンテージです。ブドウは、例年よりゆっくり成熟したため、力強さと生命力をそなえたブドウができました。 中でも印象的なのは、タンニンの質の高さです。口に含むとタンニンはシルキーで洗練されており、ざらつく感じはありません。 今年は、オルネッライアの大きな特徴である「エッセンス」を表現できました。自然なスタイルの中に、際立った個性がある優れたテロワール、畑やセラーで働く人々の高い能力が見えます」

2015年5月 最高醸造責任者 アクセル・ハインツ

RATINGS

Wine Advocate 94

Wine Spectator 90

James Suckling 95

Antonio Galloni 91