2010年の成長期

53% カベルネ・ソーヴィニョン

39% メルロー

4% カベルネ・フラン

4% プティ・ヴェルド

2010年は近年の中でも、最も収穫が遅くなった年の一つとして記憶に残るでしょう。実際芽吹きも通常よ り10日程遅く、そのまま収穫の時期にまで影響を及ぼしたようです。春先は非常に雨量が多く、夏はとても 暑く乾燥し、その気候がぶどう房の成長にとても良い効果を及ぼしています。9月に時折降った雨により、 収穫を中断したこともありましたが、全体を通じて陽の光に恵まれ、乾燥した環境がぶどうの熟成を完全な ものとしました。もちろん、完全な熟成に到達する為の畑の管理や葉の成長時の剪定等の努力によるもので もあると言えるでしょう。そしてそれだけではなく、涼しい気候がワインの香りの中でも爽やかさを感じさ せるフルーツや花の香りを豊かにしました。 収穫時期は9月の中旬から開始され、遅塾品種では10月12日まで行われました。

醸造と熟成

収穫は、15kg容量の箱を使用して手摘みで行っています。除梗前と除梗後の2回にわたってぶどうを丹念に 選別し、続いて軽く破砕した後、各品種・各区画ごとに別々に醸造を行っています。醗酵はステンレスタン クを使用し、26-30°Cの温度で1週間行い、そのまま引き続き10- 15日間のマセラシオン(醸し)を行っています。マロラクティック醗酵は主にオーク材のバリック樽(新樽 70%、使用済み樽30%)にて行いました。ワインは完全温度管理された当社のセラーにて約18ヶ月間バリ ック熟成を行いました。 バリック樽内での熟成が始まった12ヵ月後にブレンドの行程を経て、再びバリック樽にて6ヶ月間熟成を行 いました。そして、瓶詰め後更に12ヶ月間の瓶熟成を行った後出荷しています。

テイスティングコメント

2010年は、近年のうちで最も気温が低く、最も成熟が遅かった年の一つでしたが、オルネッライアのヴィ ンテージの中で最もエレガントなワインの一つを生み出しました。見るからに複雑な香りを感じさせる深い ルビー色をしたこのワインは、野生の黒い果実の香り、ピリッとするスパイスの香り、パイプタバコの滑ら かな香りを放ちます。口に含むと繊細な口当たりが広がり、絹のように滑らかなタンニンと、はっきりとし た輪郭を持つ明るい果実の風味に続いて、しなやかなタンニンが強い印象を残して締めくくります。 2012年5月に試飲 2010年ヴィンテージは、オルネッライア誕生25周年を記念するヴィンテージです。ゴールドとアイボリー 色のシルクスクリーンで作られた記念ロゴは、オルネッライア 2010の各ボトルに独特な気品を与えています。

特別企画品

オルネッライア社では、特別な機会を記念した限定製品を提案しています。2010年は、オルネッライア社のシンボルワイン初リリースから25周年。これを記念し、このヴィンテージの各ボトルには、ゴールドとアイボリー色の特別なロゴを配しています。2008年、オルネッライア社の20周年を記念した2005年ヴィンテージが登場。このヴィンテージの大型ボトル特別限定シリーズには、特別にデザインされたゴールドのシルクスクリーンのロゴが付いています。複数のヴィンテージを詰め合わせた木箱入りオルネッライア・コレクションでは、オルネッライア社のセラーが誇る記念すべき歴史的な稀少ヴィンテージをお楽しみいただけます。この特別限定品は、秘蔵コレクションに最適な逸品です。

2010年の成長期

53% カベルネ・ソーヴィニョン

39% メルロー

4% カベルネ・フラン

4% プティ・ヴェルド

2010年は近年の中でも、最も収穫が遅くなった年の一つとして記憶に残るでしょう。実際芽吹きも通常よ り10日程遅く、そのまま収穫の時期にまで影響を及ぼしたようです。春先は非常に雨量が多く、夏はとても 暑く乾燥し、その気候がぶどう房の成長にとても良い効果を及ぼしています。9月に時折降った雨により、 収穫を中断したこともありましたが、全体を通じて陽の光に恵まれ、乾燥した環境がぶどうの熟成を完全な ものとしました。もちろん、完全な熟成に到達する為の畑の管理や葉の成長時の剪定等の努力によるもので もあると言えるでしょう。そしてそれだけではなく、涼しい気候がワインの香りの中でも爽やかさを感じさ せるフルーツや花の香りを豊かにしました。 収穫時期は9月の中旬から開始され、遅塾品種では10月12日まで行われました。

醸造と熟成

収穫は、15kg容量の箱を使用して手摘みで行っています。除梗前と除梗後の2回にわたってぶどうを丹念に 選別し、続いて軽く破砕した後、各品種・各区画ごとに別々に醸造を行っています。醗酵はステンレスタン クを使用し、26-30°Cの温度で1週間行い、そのまま引き続き10- 15日間のマセラシオン(醸し)を行っています。マロラクティック醗酵は主にオーク材のバリック樽(新樽 70%、使用済み樽30%)にて行いました。ワインは完全温度管理された当社のセラーにて約18ヶ月間バリ ック熟成を行いました。 バリック樽内での熟成が始まった12ヵ月後にブレンドの行程を経て、再びバリック樽にて6ヶ月間熟成を行 いました。そして、瓶詰め後更に12ヶ月間の瓶熟成を行った後出荷しています。

テイスティングコメント

2010年は、近年のうちで最も気温が低く、最も成熟が遅かった年の一つでしたが、オルネッライアのヴィ ンテージの中で最もエレガントなワインの一つを生み出しました。見るからに複雑な香りを感じさせる深い ルビー色をしたこのワインは、野生の黒い果実の香り、ピリッとするスパイスの香り、パイプタバコの滑ら かな香りを放ちます。口に含むと繊細な口当たりが広がり、絹のように滑らかなタンニンと、はっきりとし た輪郭を持つ明るい果実の風味に続いて、しなやかなタンニンが強い印象を残して締めくくります。 2012年5月に試飲 2010年ヴィンテージは、オルネッライア誕生25周年を記念するヴィンテージです。ゴールドとアイボリー 色のシルクスクリーンで作られた記念ロゴは、オルネッライア 2010の各ボトルに独特な気品を与えています。

特別企画品

オルネッライア社では、特別な機会を記念した限定製品を提案しています。2010年は、オルネッライア社のシンボルワイン初リリースから25周年。これを記念し、このヴィンテージの各ボトルには、ゴールドとアイボリー色の特別なロゴを配しています。2008年、オルネッライア社の20周年を記念した2005年ヴィンテージが登場。このヴィンテージの大型ボトル特別限定シリーズには、特別にデザインされたゴールドのシルクスクリーンのロゴが付いています。複数のヴィンテージを詰め合わせた木箱入りオルネッライア・コレクションでは、オルネッライア社のセラーが誇る記念すべき歴史的な稀少ヴィンテージをお楽しみいただけます。この特別限定品は、秘蔵コレクションに最適な逸品です。