オルネッライア 2008 レネルジーア(エネルギー)(L'Energia)

DOCボルゲリ・ロッソ・スペリオーレ

極上のワインを造りたいとの熱い思いで立ち上げたオルネッライアの哲学を見事に表現しています。オルネッライアは、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、カベルネ・フラン、プティ・ヴェルドをブレンドし、ボルゲリの豊かなテロワールの卓越性を感じるワインです。

2008年の天候と作柄

カベルネ・ソーヴィニヨ 54%

メルロー27%

カベルネ・フラン16%

プティ・ヴェルド3%

2008年は、春は涼しくて雨の多く、例年と同じ時期に発芽しました。開花中に雨が降ったことで実の数が減り、収穫量が減少しました。夏はほとんど雨が降らず、猛暑日が連続し、この状態が9月の初旬まで続きます。ブドウの実が色づくヴェライゾンも良好で、成熟も順調に進みました。夜間の温度が下がったことで香り成分や色素が豊かに育ち、日中に十分な日照があったことで凝縮感も上がり、素晴らしい深みのある果実味をそなえたメルローとカベルネ・ソーヴィニヨンが育ちました。9月は、北から吹く冷たい風、トラモンターナにより気温が下がります。北風が吹き、気温が低下したのですが、日照に恵まれました。時間をかけて緩やかに成熟するカベルネ・ソーヴィニヨンには理想の天候となり、9月末には順調に熟成の頂点を迎え、10月のはじめには、芳香成分とポリフェノールが非常に高いレベルに育ちました。

醸造と熟成

メルローは9月2日~18日に収穫し、以降、カベルネ・フランは9月9日~30日、プティ・ヴェルドは9月17日~26日に収穫し、最後がカベルネ・ソーヴィニヨンで9月24日から10月7日まで続きました。ブドウの房は手摘みで収穫し、実が潰れないよう、容量が15kgの小型コンテナーに入れ醸造所へ運んだ後、除梗前と後の2回、健全なブドウのみを選別し、柔らかく破砕しました。ブドウは、品種ごと、区画ごとに分けて醸造します。アルコール発酵にはステンレス・タンクを使い、26℃から30℃に温度制御して1週間かけ、その後、10日から15日間、スキン・コンタクトさせました。マロラクティック発酵では主に木樽を使い、樽は、新樽が70%、1年使用の樽が30%です。ワインは、バリックの小樽に入れて20ヵ月間、オルネッライアの温度管理したセラーで熟成させます。12ヵ月熟成させた時点でワインをブレンドした後、8ヵ月、樽熟させました。ボトルに詰めた後、更に10ヵ月の瓶内熟成を経て、市場にリリースしました。

醸造家の試飲コメント

「オルネッライア2008は、ボルゲリのテロワールを最も忠実に表現したヴィンテージです。収穫量は少ないながら、凝縮度の非常に高いブドウが獲れました。9月の上旬にはブドウが熟成の頂点を迎え、9月中旬から10月には冷涼で風が吹いて、めりはりが効いて生命力にあふれるブドウとなりました。色調は非常に深くて厚みがあります。香りは、驚くほど豊潤で、熟した果実のニュアンスがあり、バルサミコ酢や、クラシックなタバコの香りに、地中海のハーブの芳香が重なります。口に含むと、非常に深い味わいがあり、複雑で凝縮感に富んでいます。タンニンは力強く、しかも、きめが細かくビロードのように滑らかで、生命力に溢れています。これにより、オルネッライア2008は、がっしりした印象を受け、長期熟成に耐えるヴィンテージと言えます」

2010年5月 最高醸造責任者 アクセル・ハインツ

RATINGS

Wine Advocate 97

Wine Spectator 93

James Suckling 98

Antonio Galloni 97

Falstaff 96

2008年の天候と作柄

カベルネ・ソーヴィニヨ 54%

メルロー27%

カベルネ・フラン16%

プティ・ヴェルド3%

2008年は、春は涼しくて雨の多く、例年と同じ時期に発芽しました。開花中に雨が降ったことで実の数が減り、収穫量が減少しました。夏はほとんど雨が降らず、猛暑日が連続し、この状態が9月の初旬まで続きます。ブドウの実が色づくヴェライゾンも良好で、成熟も順調に進みました。夜間の温度が下がったことで香り成分や色素が豊かに育ち、日中に十分な日照があったことで凝縮感も上がり、素晴らしい深みのある果実味をそなえたメルローとカベルネ・ソーヴィニヨンが育ちました。9月は、北から吹く冷たい風、トラモンターナにより気温が下がります。北風が吹き、気温が低下したのですが、日照に恵まれました。時間をかけて緩やかに成熟するカベルネ・ソーヴィニヨンには理想の天候となり、9月末には順調に熟成の頂点を迎え、10月のはじめには、芳香成分とポリフェノールが非常に高いレベルに育ちました。

醸造と熟成

メルローは9月2日~18日に収穫し、以降、カベルネ・フランは9月9日~30日、プティ・ヴェルドは9月17日~26日に収穫し、最後がカベルネ・ソーヴィニヨンで9月24日から10月7日まで続きました。ブドウの房は手摘みで収穫し、実が潰れないよう、容量が15kgの小型コンテナーに入れ醸造所へ運んだ後、除梗前と後の2回、健全なブドウのみを選別し、柔らかく破砕しました。ブドウは、品種ごと、区画ごとに分けて醸造します。アルコール発酵にはステンレス・タンクを使い、26℃から30℃に温度制御して1週間かけ、その後、10日から15日間、スキン・コンタクトさせました。マロラクティック発酵では主に木樽を使い、樽は、新樽が70%、1年使用の樽が30%です。ワインは、バリックの小樽に入れて20ヵ月間、オルネッライアの温度管理したセラーで熟成させます。12ヵ月熟成させた時点でワインをブレンドした後、8ヵ月、樽熟させました。ボトルに詰めた後、更に10ヵ月の瓶内熟成を経て、市場にリリースしました。

醸造家の試飲コメント

「オルネッライア2008は、ボルゲリのテロワールを最も忠実に表現したヴィンテージです。収穫量は少ないながら、凝縮度の非常に高いブドウが獲れました。9月の上旬にはブドウが熟成の頂点を迎え、9月中旬から10月には冷涼で風が吹いて、めりはりが効いて生命力にあふれるブドウとなりました。色調は非常に深くて厚みがあります。香りは、驚くほど豊潤で、熟した果実のニュアンスがあり、バルサミコ酢や、クラシックなタバコの香りに、地中海のハーブの芳香が重なります。口に含むと、非常に深い味わいがあり、複雑で凝縮感に富んでいます。タンニンは力強く、しかも、きめが細かくビロードのように滑らかで、生命力に溢れています。これにより、オルネッライア2008は、がっしりした印象を受け、長期熟成に耐えるヴィンテージと言えます」

2010年5月 最高醸造責任者 アクセル・ハインツ

RATINGS

Wine Advocate 97

Wine Spectator 93

James Suckling 98

Antonio Galloni 97

Falstaff 96