2007年の成長期

55% カベルネ・ソーヴィニョン

27% メルロー

14% カベルネ・フラン

4% プティ・ヴェルド

2007年は雨が通常より少なく、とても温暖な冬で始まりました。そのため平年よりも10日早く畑の樹々は 芽吹き始めました。春は適度に雨が降り穏やかな気候で、生長が非常に促され、開花も例年より早くなりま した。果粒の成長期でもある6月は、トスカーナ全体で雨が多く降りました。7月は暑く乾燥し、その後8月 は半ばごろまで涼しく夕立が多い気候でした。そのため、ぶどうの成熟は遅まったものの、結果的に収穫時 期としては例年通りでした。9月は陽が充分に照り、気温は暑すぎず適度で雨も降らず、理想的な気候でし た。そのおかげでぶどうはゆっくりと徐々に熟し、熟しすぎる事なく香りとポリフェノール成分を凝縮する ことができました。

醸造と熟成

収穫は8月28日に一番若い畑のメルローから開始し、10月初週にカベルネ・ソーヴィニョンで終了。収穫は 、15kg容量の箱を使用して手摘みで行っています。除梗前と除梗後の2回にわたってぶどうを丹念に選別し 、続いて軽く破砕した後、各品種・各区画ごとに別々に醸造を行っています。醗酵はステンレスタンクを使 用し、26-30°Cの温度で1週間行い、そのまま引き続き10- 15日間のマセラシオン(醸し)を行っています。マロラクティック醗酵は主にオーク材のバリック樽(新樽 70%、使用済み樽30%)にて行いました。ワインは完全温度管理された当社のセラーにて約18ヶ月間バリ ック熟成を行いました。 バリック樽内での熟成が始まった12ヵ月後にブレンドの行程を経て、再びバリック樽にて6ヶ月間熟成を行 いました。そして、瓶詰め後更に12ヶ月間の瓶熟成を行った後出荷しています。

テイスティングコメント

2010年5月のテイスティングにおいて とても理想的な気候の中で生まれたヴィンテージ。いつものオルネッライアの濃いルビー色に、より複雑な アロマと洗練性が感じられます。香りには完全に熟した果実が感じられ、黒い果実やスパイスの香りと清涼 感を伴った豊かな爽やかさが感じられます。口には非常に滑らかで柔らかなタンニンと濃厚な果実味、スパ イスが感じられます。豊かな厚みと深みがすべての要素に調和を与えて、後味の中に果実味と清涼感を長い 余韻をもって感じることができ、存在感のあるタンニンは更なる発展と熟成の可能性を感じさせます。

2007年の成長期

55% カベルネ・ソーヴィニョン

27% メルロー

14% カベルネ・フラン

4% プティ・ヴェルド

2007年は雨が通常より少なく、とても温暖な冬で始まりました。そのため平年よりも10日早く畑の樹々は 芽吹き始めました。春は適度に雨が降り穏やかな気候で、生長が非常に促され、開花も例年より早くなりま した。果粒の成長期でもある6月は、トスカーナ全体で雨が多く降りました。7月は暑く乾燥し、その後8月 は半ばごろまで涼しく夕立が多い気候でした。そのため、ぶどうの成熟は遅まったものの、結果的に収穫時 期としては例年通りでした。9月は陽が充分に照り、気温は暑すぎず適度で雨も降らず、理想的な気候でし た。そのおかげでぶどうはゆっくりと徐々に熟し、熟しすぎる事なく香りとポリフェノール成分を凝縮する ことができました。

醸造と熟成

収穫は8月28日に一番若い畑のメルローから開始し、10月初週にカベルネ・ソーヴィニョンで終了。収穫は 、15kg容量の箱を使用して手摘みで行っています。除梗前と除梗後の2回にわたってぶどうを丹念に選別し 、続いて軽く破砕した後、各品種・各区画ごとに別々に醸造を行っています。醗酵はステンレスタンクを使 用し、26-30°Cの温度で1週間行い、そのまま引き続き10- 15日間のマセラシオン(醸し)を行っています。マロラクティック醗酵は主にオーク材のバリック樽(新樽 70%、使用済み樽30%)にて行いました。ワインは完全温度管理された当社のセラーにて約18ヶ月間バリ ック熟成を行いました。 バリック樽内での熟成が始まった12ヵ月後にブレンドの行程を経て、再びバリック樽にて6ヶ月間熟成を行 いました。そして、瓶詰め後更に12ヶ月間の瓶熟成を行った後出荷しています。

テイスティングコメント

2010年5月のテイスティングにおいて とても理想的な気候の中で生まれたヴィンテージ。いつものオルネッライアの濃いルビー色に、より複雑な アロマと洗練性が感じられます。香りには完全に熟した果実が感じられ、黒い果実やスパイスの香りと清涼 感を伴った豊かな爽やかさが感じられます。口には非常に滑らかで柔らかなタンニンと濃厚な果実味、スパ イスが感じられます。豊かな厚みと深みがすべての要素に調和を与えて、後味の中に果実味と清涼感を長い 余韻をもって感じることができ、存在感のあるタンニンは更なる発展と熟成の可能性を感じさせます。