2000年の成長期

65% カベルネ・ソーヴィニョン

30% メルロー

5% カベルネ・フラン

オルネッライア 2000は、1999年よりも暖かく1998年よりも寒い冬の年に生産されました。畑の樹々の芽吹きは非常に均一 な状態で、4月の初めには芽吹きが完了していました。 春は平年並みの気温で、太陽の光を豊かに感じる事のできる日々が続き、ぶどうの花の開花は5月半ばに終 了しました。 夏の間から収穫期までは非常に陽光に恵まれ、雨も降らず気温は平年より高めで、ぶどうの生育にとってと ても理想的な状態でした。 7月半ばには最良の状態でぶどう果を成熟させるため、メルローの30%、カベルネ・ソーヴィニョンの10% を摘果しました。 メルローの収穫は9月の最初の週に始まり、9月の半ばまで続きました。 カベルネ・ソーヴィニョン(そしてカベルネ・フラン)は9月半ばから10月初めでした。 収穫期は平年より気温が高く、雨が全く降りませんでした。 ぶどうは15kg容量の小箱を使って手摘みで収穫されました。

醸造と熟成

オルネッライア 2000の生産では品種別、区画別にぶどうを収穫し、更に選果台上で手作業による綿密な選果を行っていま す。除梗・破砕後、 一部は木樽、一部はステンレスタンクを使用し、26- 30°Cの温度でアルコール醗酵を行いました。引き続き20- 25日間マセラシオン(醸し)を行い、その後フレンチオークのバリック樽(新樽70%、使用済み樽30%)に移 し変え、バリック樽内でマロラクティック醗酵を終了しています。 醸造及び熟成は品種と畑の区画ごとに別々に行っています。ワインは完全温度管理された当社のセラーにて 合計18ヶ月間バリック熟成を行っています。熟成期間中12ヵ月過ぎた段階でブレンドを行い、再びバリッ ク樽にて6ヶ月の熟成を行いました。その後は瓶詰め後更に12ヶ月間の瓶熟成を行った後出荷をしています 。

テイスティングコメント

オルネッライア 2000からは、熟した赤色や黒色の果実を感じることができます。滑らかなタンニンとワインを構成する全 ての要素が重なり合う事によって、しっかりとした骨格と長い余韻を感じ取る事のできるワインが作り上げ られています。

2000年の成長期

65% カベルネ・ソーヴィニョン

30% メルロー

5% カベルネ・フラン

オルネッライア 2000は、1999年よりも暖かく1998年よりも寒い冬の年に生産されました。畑の樹々の芽吹きは非常に均一 な状態で、4月の初めには芽吹きが完了していました。 春は平年並みの気温で、太陽の光を豊かに感じる事のできる日々が続き、ぶどうの花の開花は5月半ばに終 了しました。 夏の間から収穫期までは非常に陽光に恵まれ、雨も降らず気温は平年より高めで、ぶどうの生育にとってと ても理想的な状態でした。 7月半ばには最良の状態でぶどう果を成熟させるため、メルローの30%、カベルネ・ソーヴィニョンの10% を摘果しました。 メルローの収穫は9月の最初の週に始まり、9月の半ばまで続きました。 カベルネ・ソーヴィニョン(そしてカベルネ・フラン)は9月半ばから10月初めでした。 収穫期は平年より気温が高く、雨が全く降りませんでした。 ぶどうは15kg容量の小箱を使って手摘みで収穫されました。

醸造と熟成

オルネッライア 2000の生産では品種別、区画別にぶどうを収穫し、更に選果台上で手作業による綿密な選果を行っていま す。除梗・破砕後、 一部は木樽、一部はステンレスタンクを使用し、26- 30°Cの温度でアルコール醗酵を行いました。引き続き20- 25日間マセラシオン(醸し)を行い、その後フレンチオークのバリック樽(新樽70%、使用済み樽30%)に移 し変え、バリック樽内でマロラクティック醗酵を終了しています。 醸造及び熟成は品種と畑の区画ごとに別々に行っています。ワインは完全温度管理された当社のセラーにて 合計18ヶ月間バリック熟成を行っています。熟成期間中12ヵ月過ぎた段階でブレンドを行い、再びバリッ ク樽にて6ヶ月の熟成を行いました。その後は瓶詰め後更に12ヶ月間の瓶熟成を行った後出荷をしています 。

テイスティングコメント

オルネッライア 2000からは、熟した赤色や黒色の果実を感じることができます。滑らかなタンニンとワインを構成する全 ての要素が重なり合う事によって、しっかりとした骨格と長い余韻を感じ取る事のできるワインが作り上げ られています。