1986年の成長期

79% カベルネ・ソーヴィニョン

18% メルロー

3% カベルネ・フラン

1986年は全般的に乾燥していて、ぶどうの成熟段階の後期に気温が急上昇しました。これはぶどう果に非 常に良い影響を与え、とても健康な状態であると共に、成分が非常に凝縮されました。 収穫は最大15kgまでの容量のかごを使用し、全て手摘みで行い、9月15日に開始し9月26日に終了しました 。

醸造と熟成

このワインはテヌータ・サン・グイードの醸造所において醸造を行い、 アルコール醗酵とマセラシオン(醸し)は約13日間40ヘクトリットル(4000リットル)容量のステンレスタン クにて行われ、引き続きマロラクティック醗酵が行われています。 1986年ヴィンテージは225リットル容量のフレンチオークのバリック樽(新樽60%、使用済み樽40%)を使用 し、1987年2月から1988年6月まで17ヶ月間熟成の過程を経て、瓶詰め後、更に12ヶ月間の瓶熟成を行った 後市場へ出荷しています。

テイスティングコメント

垂直テイスティング:2001年6月12日 ワインの色はほのかに琥珀色がかった色合いで、香りの中には野菜系の香りを感じ、口に含むと程よい酸味 を軽やかに感じ取ることができます。オルネッライア 1986は飲み頃に達していると言えるでしょう。

1986年の成長期

79% カベルネ・ソーヴィニョン

18% メルロー

3% カベルネ・フラン

1986年は全般的に乾燥していて、ぶどうの成熟段階の後期に気温が急上昇しました。これはぶどう果に非 常に良い影響を与え、とても健康な状態であると共に、成分が非常に凝縮されました。 収穫は最大15kgまでの容量のかごを使用し、全て手摘みで行い、9月15日に開始し9月26日に終了しました 。

醸造と熟成

このワインはテヌータ・サン・グイードの醸造所において醸造を行い、 アルコール醗酵とマセラシオン(醸し)は約13日間40ヘクトリットル(4000リットル)容量のステンレスタン クにて行われ、引き続きマロラクティック醗酵が行われています。 1986年ヴィンテージは225リットル容量のフレンチオークのバリック樽(新樽60%、使用済み樽40%)を使用 し、1987年2月から1988年6月まで17ヶ月間熟成の過程を経て、瓶詰め後、更に12ヶ月間の瓶熟成を行った 後市場へ出荷しています。

テイスティングコメント

垂直テイスティング:2001年6月12日 ワインの色はほのかに琥珀色がかった色合いで、香りの中には野菜系の香りを感じ、口に含むと程よい酸味 を軽やかに感じ取ることができます。オルネッライア 1986は飲み頃に達していると言えるでしょう。