レ・ヴォルテ・デル・オルネッライア

トスカーナIGTロッソ

レ・ヴォルテ・デル・オルネッライアは、オルネッライアの畑に特有の地中海性のマイクロ・クライメイトにより、しっかりした骨格と複雑な風味を備えた赤ワインで、オルネッライアのワイン哲学をしっかり表わしています。ワインを飲むことが好きな愛好家、肩ひじ張らずにワインを楽しみたい人へ、オルネッライアのワインへの入門版として最適です。

2017年の天候と作柄

2017年は最も暑く、乾燥した年として歴史に残るでしょう。最初の兆候としては、例年の平均気温よりも3度ほど高く、例年通りの降雨量の非常に温暖な冬でした。結果として、発芽は例年より2週間も早まりました。ブドウの成長周期については、すでに3月には降雨量が少なく温暖な気候が始まっており、4月末には時折、急激な気温の降下がありトスカーナの多くの地域で、霜が見られました。海岸沿いでは、海に近いおかげで気温が氷点下を下回ることがなく発育中の芽に悪影響を及ぼすことはありませんでした。5月にはすぐ暑さと日照りが戻り、素晴らしい条件で開花したにもかかわらず、枝葉の生育とブドウの房の大きさの生育が遅れました。7月と8月はほとんど降雨が無く温暖な気候で、幸運にも夜間は低い気温になっていました。収穫は早く始まり、8月24日にメルローから収穫が始まり、9月の最終週まで晴れて暑い気候の中続きました。9月中旬にやっと降雨が現れ、気温が下がり、他の遅く熟す品種にとって完璧な収穫条件となりました。

醸造と熟成

各品種の特徴をそのまま保つため、醸造は品種ごとに小サイズのステンレスタンクを用いて行われています。アルコール醗酵終了後、引き続きステンレスタンクにてマロラクティック醗酵が行われます。ワインはその後、一部をオルネッライアの使用済みバリック樽、一部をセメントタンクに入れて10ヶ月間の熟成を行い、タンニンとフレッシュな果実の風味の完璧なバランスを持つワインに仕上げられました。

ワイナリー責任者・醸造責任者アクセル・ハインツ

醸造家の試飲コメント

特別暑く、乾燥したヴィンテージの申し子として、レ・ヴォルテ・デル・オルネッライア2017年ヴィンテージは深いルビー色が特徴です。熟した赤い果実の心地よいブーケ、スパイスの余韻が爽やかな酸と、包み込むように開かれたタンニンのストラクチャーにより感じられます。」

オルガ・フサーリワインメーカー2018年12月

RATINGS

Wine Advocate 92

Wine Spectator 88

James Suckling 91

2017年の天候と作柄

2017年は最も暑く、乾燥した年として歴史に残るでしょう。最初の兆候としては、例年の平均気温よりも3度ほど高く、例年通りの降雨量の非常に温暖な冬でした。結果として、発芽は例年より2週間も早まりました。ブドウの成長周期については、すでに3月には降雨量が少なく温暖な気候が始まっており、4月末には時折、急激な気温の降下がありトスカーナの多くの地域で、霜が見られました。海岸沿いでは、海に近いおかげで気温が氷点下を下回ることがなく発育中の芽に悪影響を及ぼすことはありませんでした。5月にはすぐ暑さと日照りが戻り、素晴らしい条件で開花したにもかかわらず、枝葉の生育とブドウの房の大きさの生育が遅れました。7月と8月はほとんど降雨が無く温暖な気候で、幸運にも夜間は低い気温になっていました。収穫は早く始まり、8月24日にメルローから収穫が始まり、9月の最終週まで晴れて暑い気候の中続きました。9月中旬にやっと降雨が現れ、気温が下がり、他の遅く熟す品種にとって完璧な収穫条件となりました。

醸造と熟成

各品種の特徴をそのまま保つため、醸造は品種ごとに小サイズのステンレスタンクを用いて行われています。アルコール醗酵終了後、引き続きステンレスタンクにてマロラクティック醗酵が行われます。ワインはその後、一部をオルネッライアの使用済みバリック樽、一部をセメントタンクに入れて10ヶ月間の熟成を行い、タンニンとフレッシュな果実の風味の完璧なバランスを持つワインに仕上げられました。

ワイナリー責任者・醸造責任者アクセル・ハインツ

醸造家の試飲コメント

特別暑く、乾燥したヴィンテージの申し子として、レ・ヴォルテ・デル・オルネッライア2017年ヴィンテージは深いルビー色が特徴です。熟した赤い果実の心地よいブーケ、スパイスの余韻が爽やかな酸と、包み込むように開かれたタンニンのストラクチャーにより感じられます。」

オルガ・フサーリワインメーカー2018年12月

RATINGS

Wine Advocate 92

Wine Spectator 88

James Suckling 91