1997年の成長期

60% カベルネ・ソーヴィニョン

30% サンジョヴェーゼ

10% メルロー

1997年は暖かい春となり、ぶどうの芽吹きが例年より早まりました。その後、4月半ばの予想外の霜の後、 雨が月末まで続き、これによって生育のスピードが若干弱まりました。 5月からは気温がかなり上昇し、夏期は非常に暑く乾燥した気候となりました。気温は時に35°Cまで上がり ました。そのため、ぶどうの成熟は平年よりも早く進み、収穫は最良のコンディションで9月の初めに行わ れました。 この収穫の時点でぶどうのクオリティが極めて高いこと(ぶどうが完熟し、成熟したタンニン分が凝縮した 状態)が確認されました。収穫量は、気候の影響により果房の大きさが平均より小さかったため、例年より 少なくなりました。

醸造と熟成

収穫は以下のように行われました。 メルロー:9月1日~10日 カベルネ・ソーヴィニョン:9月10日~10月15日 サンジョヴェーゼ:9月20日~25日 収穫時、ぶどうの糖度は22-24度でした。 醸造は各品種ごとに別々に行っています。除梗と破砕後、マストをステンレスタンクに入れ、7日間のアル コール醗酵を行った後、10日~15日間のマセラシオン(醸し)を行っています。マロラクティック醗酵終 了後ワインはバリック樽(225リットル)に移され、そこで約10ヶ月間の熟成を行っています。バリック樽 内での熟成が始まった6ヵ月後にブレンドの行程を経て、再びバリック樽にて4ヶ月間熟成を行い、その後瓶 詰めされました。瓶詰め後更に3ヶ月間の瓶熟成を行った後セラーから出荷しています。

テイスティングコメント

ルビーレッドにすみれ色がかったカラーが特徴のワインです。品種の持ち味が現れた、しっかりとした果実 香が感じられます。口に含むとバランス良く調和の取れた味わいを持ち、心地よいフィニッシュを楽しむこ とができます。レ・ヴォルテはカベルネ・ソーヴィニョンが優勢なワインですが、サンジョヴェーゼも手ごた えのある存在感を見せています。

1997年の成長期

60% カベルネ・ソーヴィニョン

30% サンジョヴェーゼ

10% メルロー

1997年は暖かい春となり、ぶどうの芽吹きが例年より早まりました。その後、4月半ばの予想外の霜の後、 雨が月末まで続き、これによって生育のスピードが若干弱まりました。 5月からは気温がかなり上昇し、夏期は非常に暑く乾燥した気候となりました。気温は時に35°Cまで上がり ました。そのため、ぶどうの成熟は平年よりも早く進み、収穫は最良のコンディションで9月の初めに行わ れました。 この収穫の時点でぶどうのクオリティが極めて高いこと(ぶどうが完熟し、成熟したタンニン分が凝縮した 状態)が確認されました。収穫量は、気候の影響により果房の大きさが平均より小さかったため、例年より 少なくなりました。

醸造と熟成

収穫は以下のように行われました。 メルロー:9月1日~10日 カベルネ・ソーヴィニョン:9月10日~10月15日 サンジョヴェーゼ:9月20日~25日 収穫時、ぶどうの糖度は22-24度でした。 醸造は各品種ごとに別々に行っています。除梗と破砕後、マストをステンレスタンクに入れ、7日間のアル コール醗酵を行った後、10日~15日間のマセラシオン(醸し)を行っています。マロラクティック醗酵終 了後ワインはバリック樽(225リットル)に移され、そこで約10ヶ月間の熟成を行っています。バリック樽 内での熟成が始まった6ヵ月後にブレンドの行程を経て、再びバリック樽にて4ヶ月間熟成を行い、その後瓶 詰めされました。瓶詰め後更に3ヶ月間の瓶熟成を行った後セラーから出荷しています。

テイスティングコメント

ルビーレッドにすみれ色がかったカラーが特徴のワインです。品種の持ち味が現れた、しっかりとした果実 香が感じられます。口に含むとバランス良く調和の取れた味わいを持ち、心地よいフィニッシュを楽しむこ とができます。レ・ヴォルテはカベルネ・ソーヴィニョンが優勢なワインですが、サンジョヴェーゼも手ごた えのある存在感を見せています。