2012年の成長期

52% メルロー

28% カベルネ・ソーヴィニョン

12% プティ・ヴェルド

8% カベルネ・フラン

2012年は、2011年と似て、気温の低い乾燥した冬に続く、水不足が一層深刻な年でした。発芽は正常な状態でしたが、例年平均に比べて100mmの水不足でした。穏やかでよく晴れた春の天候により、ぶどうの成長は良好で、開花は短期間でかつ良好でした。7月と8月は気温も上昇し、雨も少なく、水不足のために果実の成熟が止まってしまうのではないかという不安がありました 。しかし、色づきはまったく正常で満足のいく結果になりました。8月末と9月上旬の雨がぶどうの成熟に弾みをつけ、最適な香りとポリフェノール成分をともなった、全体的なぶどうの成熟が得られました。メルローの収穫は8月29日から9月17日まで行われました。カベルネ・フラン、カベルネ・ソーヴィニョン、プティ・ヴェルドの収穫は、9月18日に樹齢の浅い畑から始まり、樹齢の高い畑で締めくくられました。

醸造と熟成

15kg容量のかごを使用し手摘みによる収穫を行っています。除梗前と除梗後の2回にわたって丹念にぶどうを選別し、続いて軽く破砕。醸造は各品種・各区画ごとに別々に行っています。Aアルコール醗酵はステンレスタンクを使用し、26-30°Cの温度で1週間、そして、アルコール醗酵終了後、そのまま引き続き10日間のマセラシオン(醸し)を行っています。マロラクティック醗酵はステンレスタンク内で始まり、バリック樽(新樽25%、1年樽75%)に移した後、発酵を終了ワインは完全温度管理された当社のセラーにて約15ヶ月バリック熟成を行いました。 バリック樽内での熟成が始まった12ヵ月後にブレンドの行程を経て、再びバリック樽にて3ヶ月熟成を行いました。そして、瓶詰め後更に最低6ヶ月間の瓶熟成を行った後出荷しています。

テイスティングコメント

2014年4月のテイスティングにおいて、 2012年は、陽光に溢れ、完全に熟成された、濃厚で味わい豊かなヴィンテージです。ひときわ乾燥した季節に続いて、ちょうど収穫期に雨が降ったことがブドウに好影響をもたらしました。9月の気温が低めだったことも、果実の完全な熟成に貢献しています。 レ・セッレ・ヌオーヴェ・デル・オルネッライア2012は、期待どおりの仕上がりです。深みのあるルビー色をしたこのワインは、野生のベリーとスミレを思わせるはっきりとした輪郭を持つさわやかな風味が特徴で、ピリッとしたスパイスと炒ったコーヒー豆の香ばしさがほんのりと漂います。口に含むと、適度の重みが感じられると同時に、ベルベットのように滑らかなまろやかさと率直な果実の風味が気品あふれるエレガントな味わいを添えています。程よい酸味の中で、しなやかな

2012年の成長期

52% メルロー

28% カベルネ・ソーヴィニョン

12% プティ・ヴェルド

8% カベルネ・フラン

2012年は、2011年と似て、気温の低い乾燥した冬に続く、水不足が一層深刻な年でした。発芽は正常な状態でしたが、例年平均に比べて100mmの水不足でした。穏やかでよく晴れた春の天候により、ぶどうの成長は良好で、開花は短期間でかつ良好でした。7月と8月は気温も上昇し、雨も少なく、水不足のために果実の成熟が止まってしまうのではないかという不安がありました 。しかし、色づきはまったく正常で満足のいく結果になりました。8月末と9月上旬の雨がぶどうの成熟に弾みをつけ、最適な香りとポリフェノール成分をともなった、全体的なぶどうの成熟が得られました。メルローの収穫は8月29日から9月17日まで行われました。カベルネ・フラン、カベルネ・ソーヴィニョン、プティ・ヴェルドの収穫は、9月18日に樹齢の浅い畑から始まり、樹齢の高い畑で締めくくられました。

醸造と熟成

15kg容量のかごを使用し手摘みによる収穫を行っています。除梗前と除梗後の2回にわたって丹念にぶどうを選別し、続いて軽く破砕。醸造は各品種・各区画ごとに別々に行っています。Aアルコール醗酵はステンレスタンクを使用し、26-30°Cの温度で1週間、そして、アルコール醗酵終了後、そのまま引き続き10日間のマセラシオン(醸し)を行っています。マロラクティック醗酵はステンレスタンク内で始まり、バリック樽(新樽25%、1年樽75%)に移した後、発酵を終了ワインは完全温度管理された当社のセラーにて約15ヶ月バリック熟成を行いました。 バリック樽内での熟成が始まった12ヵ月後にブレンドの行程を経て、再びバリック樽にて3ヶ月熟成を行いました。そして、瓶詰め後更に最低6ヶ月間の瓶熟成を行った後出荷しています。

テイスティングコメント

2014年4月のテイスティングにおいて、 2012年は、陽光に溢れ、完全に熟成された、濃厚で味わい豊かなヴィンテージです。ひときわ乾燥した季節に続いて、ちょうど収穫期に雨が降ったことがブドウに好影響をもたらしました。9月の気温が低めだったことも、果実の完全な熟成に貢献しています。 レ・セッレ・ヌオーヴェ・デル・オルネッライア2012は、期待どおりの仕上がりです。深みのあるルビー色をしたこのワインは、野生のベリーとスミレを思わせるはっきりとした輪郭を持つさわやかな風味が特徴で、ピリッとしたスパイスと炒ったコーヒー豆の香ばしさがほんのりと漂います。口に含むと、適度の重みが感じられると同時に、ベルベットのように滑らかなまろやかさと率直な果実の風味が気品あふれるエレガントな味わいを添えています。程よい酸味の中で、しなやかな