2009年の成長期

54% メルロー

31% カベルネ・ソーヴィニョン

5% プティ・ヴェルド

10% カベルネ・フラン

2009年は冬と春の初めに雨が多く、寒い気候でした。畑の樹々の芽吹きは平年並みでした。その後乾燥し た5月の後に訪れた6月は再び雨が多くなりましたが、生育や開花を妨げるような影響はありませんでした。 夏は暑く雨がほとんど降らず、気温も35°Cを超えることが多く、昼夜の気温差もあまりありませんでした。 特に早熟品種のメルローにおいてはその気候の影響が顕著に現れていました。収穫は平年より少し早く8月 末に始まりまりましたが、その後、9月半ばの雨が畑に涼しい空気をもたらし、その影響を受け遅熟品種は 、10月第一週まで成熟を続けることができました。

醸造と熟成

15kg容量のかごを使用し手摘みによる収穫を行っています。除梗前と除梗後の2回にわたってぶどうを選別 し、続いて軽く破砕。醸造は各品種・各区画ごとに別々に行っています。アルコール醗酵はステンレスタン クを使用し、26-30°Cの温度で1週間、そして、アルコール醗酵終了後、そのまま引き続き10- 15日間のマセラシオン(醸し)を行っています。マロラクティック醗酵はステンレスタンク内で始まり、バ リック樽(新樽25%、1年樽75%)に移した後、発酵を終了。ワインは完全温度管理された当社のセラーにて 約15ヶ月バリック熟成を行いました。 バリック樽内での熟成が始まった12ヵ月後にブレンドの行程を経て、再びバリック樽にて3ヶ月熟成を行い ました。そして、瓶詰め後更に最低6ヶ月間の瓶熟成を行い出荷しています。

テイスティングコメント

2011年9月のテイスティングにおいて まさしく太陽の申し子とも言える熱さの元に生まれたレ・セッレ・ヌオーヴェ・デル・オルネッライア 2009は収穫年を象徴するような非常に美しい熟成度を存分に発揮しています。非常に深い赤色のワインか らは、しっかりとした黒い果実の香りに、ほのかなスパイスを感じることができます。味わいは非常に広が りがあり、繊細で丸みもあり、そしてしっかりとした乾きも感じさせるタンニンを感じることができます。 全てを総合すると、とてもバランスが取れており、際立ちのある酸が非常にしっかりと味わいの印象をつけ ていると言えるでしょう。

2009年の成長期

54% メルロー

31% カベルネ・ソーヴィニョン

5% プティ・ヴェルド

10% カベルネ・フラン

2009年は冬と春の初めに雨が多く、寒い気候でした。畑の樹々の芽吹きは平年並みでした。その後乾燥し た5月の後に訪れた6月は再び雨が多くなりましたが、生育や開花を妨げるような影響はありませんでした。 夏は暑く雨がほとんど降らず、気温も35°Cを超えることが多く、昼夜の気温差もあまりありませんでした。 特に早熟品種のメルローにおいてはその気候の影響が顕著に現れていました。収穫は平年より少し早く8月 末に始まりまりましたが、その後、9月半ばの雨が畑に涼しい空気をもたらし、その影響を受け遅熟品種は 、10月第一週まで成熟を続けることができました。

醸造と熟成

15kg容量のかごを使用し手摘みによる収穫を行っています。除梗前と除梗後の2回にわたってぶどうを選別 し、続いて軽く破砕。醸造は各品種・各区画ごとに別々に行っています。アルコール醗酵はステンレスタン クを使用し、26-30°Cの温度で1週間、そして、アルコール醗酵終了後、そのまま引き続き10- 15日間のマセラシオン(醸し)を行っています。マロラクティック醗酵はステンレスタンク内で始まり、バ リック樽(新樽25%、1年樽75%)に移した後、発酵を終了。ワインは完全温度管理された当社のセラーにて 約15ヶ月バリック熟成を行いました。 バリック樽内での熟成が始まった12ヵ月後にブレンドの行程を経て、再びバリック樽にて3ヶ月熟成を行い ました。そして、瓶詰め後更に最低6ヶ月間の瓶熟成を行い出荷しています。

テイスティングコメント

2011年9月のテイスティングにおいて まさしく太陽の申し子とも言える熱さの元に生まれたレ・セッレ・ヌオーヴェ・デル・オルネッライア 2009は収穫年を象徴するような非常に美しい熟成度を存分に発揮しています。非常に深い赤色のワインか らは、しっかりとした黒い果実の香りに、ほのかなスパイスを感じることができます。味わいは非常に広が りがあり、繊細で丸みもあり、そしてしっかりとした乾きも感じさせるタンニンを感じることができます。 全てを総合すると、とてもバランスが取れており、際立ちのある酸が非常にしっかりと味わいの印象をつけ ていると言えるでしょう。