2008年の成長期

55% メルロー

30% カベルネ・ソーヴィニョン

9% プティ・ヴェルド

6% カベルネ・フラン

2008年は寒くて雨の多い春で始まりましたが、畑の樹々の芽吹きは例年並でした。開花時期に雨が多く結 実が遅れ、結果としてぶどうの生産量が少なくなりました。夏は非常に暑く9月初旬までほどんど雨が降ら ず、これがぶどうの良好な色づきと成熟を促しました。その中で、夜の涼しさがぶどうの香りと色を高める ことに貢献しました。9月中旬は北風により気温が下がりました。涼しく風が吹きながらも陽光に恵まれた 気候は、遅熟品種に特に良い結果をもたらし、芳香成分とポリフェノール成分を非常に豊かにし、実の成熟 を完璧なものとしました。 メルローの収穫は9月2日から18日まで、カベルネ・フラン、カベルネ・ソーヴィニョン、プティ・ヴェルド の収穫は9月18日から10月7日にかけて行われました。

醸造と熟成

15kg容量のかごを使用して手摘みによる収穫を行っています。除梗前と除梗後の2回にわたってぶどうを選 別し、続いて軽く破砕。醸造は各品種・各区画ごとに別々に行いました。アルコール醗酵はステンレスタン クを使用し、26-30°Cの温度で1週間、そして引き続き10- 15日間のマセラシオン(醸し)を行っています。マロラクティック醗酵はステンレスタンク内で始まり、バ リック樽(新樽25%、1年樽75%)に移した後、バリック樽にて終了。ワインは完全温度管理された当社の セラーにて約15ヶ月バリック熟成を行いました。 バリック樽内での熟成が始まった12ヵ月後にブレンドの行程を経て、再びバリック樽にて3ヶ月熟成を行い ました。そして、瓶詰め後更に6ヶ月間の瓶熟成を行った後出荷しています。

テイスティングコメント

2010年9月のテイスティングにおいて 2008年ヴィンテージは、初期に収穫された極めて良く熟したメルローと、涼しい時期に収穫された両カベ ルネの凝縮した濃厚なタンニンのコンビネーションを感じる事の出来るワインに仕上がっています。熟した 果実、スパイスの香りが感じられ、深いルビー色を見る事の出来るこのワインは、メルローのまろやかさと 、カベルネ・ソーヴィニョン、カベルネフランの堅固で生き生きとしたタンニンから生まれる、豊かで濃厚 な味わいが口に広がります。

2008年の成長期

55% メルロー

30% カベルネ・ソーヴィニョン

9% プティ・ヴェルド

6% カベルネ・フラン

2008年は寒くて雨の多い春で始まりましたが、畑の樹々の芽吹きは例年並でした。開花時期に雨が多く結 実が遅れ、結果としてぶどうの生産量が少なくなりました。夏は非常に暑く9月初旬までほどんど雨が降ら ず、これがぶどうの良好な色づきと成熟を促しました。その中で、夜の涼しさがぶどうの香りと色を高める ことに貢献しました。9月中旬は北風により気温が下がりました。涼しく風が吹きながらも陽光に恵まれた 気候は、遅熟品種に特に良い結果をもたらし、芳香成分とポリフェノール成分を非常に豊かにし、実の成熟 を完璧なものとしました。 メルローの収穫は9月2日から18日まで、カベルネ・フラン、カベルネ・ソーヴィニョン、プティ・ヴェルド の収穫は9月18日から10月7日にかけて行われました。

醸造と熟成

15kg容量のかごを使用して手摘みによる収穫を行っています。除梗前と除梗後の2回にわたってぶどうを選 別し、続いて軽く破砕。醸造は各品種・各区画ごとに別々に行いました。アルコール醗酵はステンレスタン クを使用し、26-30°Cの温度で1週間、そして引き続き10- 15日間のマセラシオン(醸し)を行っています。マロラクティック醗酵はステンレスタンク内で始まり、バ リック樽(新樽25%、1年樽75%)に移した後、バリック樽にて終了。ワインは完全温度管理された当社の セラーにて約15ヶ月バリック熟成を行いました。 バリック樽内での熟成が始まった12ヵ月後にブレンドの行程を経て、再びバリック樽にて3ヶ月熟成を行い ました。そして、瓶詰め後更に6ヶ月間の瓶熟成を行った後出荷しています。

テイスティングコメント

2010年9月のテイスティングにおいて 2008年ヴィンテージは、初期に収穫された極めて良く熟したメルローと、涼しい時期に収穫された両カベ ルネの凝縮した濃厚なタンニンのコンビネーションを感じる事の出来るワインに仕上がっています。熟した 果実、スパイスの香りが感じられ、深いルビー色を見る事の出来るこのワインは、メルローのまろやかさと 、カベルネ・ソーヴィニョン、カベルネフランの堅固で生き生きとしたタンニンから生まれる、豊かで濃厚 な味わいが口に広がります。