2004年の天候と作柄

メルロー40%

カベルネ・ソーヴィニヨ ン40%

カベルネ・フラン15%

プティ・ヴェルド5%

2004年は教科書的な素晴らしいヴィンテージとなりました。冬には十分な降雨があり、気温が過度に下がることはありませんでした。春は好天が続き、時折、短時間の雷雨がありました。3月30日から4月10日にかけて、順調に発芽します。開花すると、つぼみの部分が豊かに成長しました(前年の高温のため)。ブドウが過剰に房をつけてブドウの質が下がる可能性があったため、広範囲で剪定を繰り返し、余分な房を切り落として果実の品質レベルを維持できました。初夏は穏やかな気温となり、8月は晴天で非常に暑い日が続きました。理想的な天候により、全ての品種が順調に、健康に、均一に育ちます。収穫時期の降雨はなく、各区画のブドウを最適のタイミングで収穫できました。全部で51のベース・ワインができ、それぞれがオルネッライアのテロワールの多様性を表しています。収穫開始は9月2日で、樹齢の若いメルローの畑から始まりました。他のメルローの畑では、熟成の頂点を迎えた9月15日から25日にかけて収穫し、その後、カベルネ・フランが続きます。カベルネ・ソーヴィニヨンの収穫は9月25日に始まり、10月の第1週に完了しました。

醸造と熟成

ブドウの房はすべて手摘みで収穫し、粒が潰れないよう容量が15kgの小型コンテナーに入れて醸造所へ搬入しました。除梗の前と後の2回、健全なブドウだけを厳しく選別した後、柔らかく破砕します。ブドウは、品種ごと、区画ごとに分けて醸造しました。アルコール発酵にはステンレス・タンクを使い、26℃~30℃に保って2週間かけます。その後、10日から15日間、スキン・コンタクトさせました。マロラクティック発酵はステンレス・タンクで開始し、後に木樽へ移して完了させました(木樽は、新樽が25%、1年使用の旧樽が75%)。その後、ワインは、バリックの小樽に入れ、温度管理したセラーで合計15ヵ月間熟成させます(12ヵ月が経過した時点でブレンドした後、樽に戻してさらに3ヵ月間熟成させます)。瓶詰め後、ボトルで6ヵ月間熟成させてから、市場に出荷しました。

醸造家の試飲コメント

「レ・セッレ・ヌオーヴェ・デル・オルネッライア2004は、完璧にバランスが取れた天候と、樹齢の若いブドウの生命力が完全に合致したヴィンテージをそのまま表しています。ワインには、この2つの影響がはっきり表れています。色調は生命力に溢れ、同時に豊かな濃縮度を見せています。香りは、滑らかで、めりはりの効いた果実の香りがあり、スパイスやミントのニュアンスへきれいに変化します。口に含むと、スケールが大きく、フルボディーで、メルローの滑らかな香草のニュアンスと、カベルネ・ソーヴィニヨンとカベルネ・フランの素晴らしい果実味が見事に響き合っています」

2006年9月 最高醸造責任者 アクセル・ハインツ

RATINGS

Wine Advocate 91

Wine Spectator 92

Antonio Galloni 90

2004年の天候と作柄

メルロー40%

カベルネ・ソーヴィニヨ ン40%

カベルネ・フラン15%

プティ・ヴェルド5%

2004年は教科書的な素晴らしいヴィンテージとなりました。冬には十分な降雨があり、気温が過度に下がることはありませんでした。春は好天が続き、時折、短時間の雷雨がありました。3月30日から4月10日にかけて、順調に発芽します。開花すると、つぼみの部分が豊かに成長しました(前年の高温のため)。ブドウが過剰に房をつけてブドウの質が下がる可能性があったため、広範囲で剪定を繰り返し、余分な房を切り落として果実の品質レベルを維持できました。初夏は穏やかな気温となり、8月は晴天で非常に暑い日が続きました。理想的な天候により、全ての品種が順調に、健康に、均一に育ちます。収穫時期の降雨はなく、各区画のブドウを最適のタイミングで収穫できました。全部で51のベース・ワインができ、それぞれがオルネッライアのテロワールの多様性を表しています。収穫開始は9月2日で、樹齢の若いメルローの畑から始まりました。他のメルローの畑では、熟成の頂点を迎えた9月15日から25日にかけて収穫し、その後、カベルネ・フランが続きます。カベルネ・ソーヴィニヨンの収穫は9月25日に始まり、10月の第1週に完了しました。

醸造と熟成

ブドウの房はすべて手摘みで収穫し、粒が潰れないよう容量が15kgの小型コンテナーに入れて醸造所へ搬入しました。除梗の前と後の2回、健全なブドウだけを厳しく選別した後、柔らかく破砕します。ブドウは、品種ごと、区画ごとに分けて醸造しました。アルコール発酵にはステンレス・タンクを使い、26℃~30℃に保って2週間かけます。その後、10日から15日間、スキン・コンタクトさせました。マロラクティック発酵はステンレス・タンクで開始し、後に木樽へ移して完了させました(木樽は、新樽が25%、1年使用の旧樽が75%)。その後、ワインは、バリックの小樽に入れ、温度管理したセラーで合計15ヵ月間熟成させます(12ヵ月が経過した時点でブレンドした後、樽に戻してさらに3ヵ月間熟成させます)。瓶詰め後、ボトルで6ヵ月間熟成させてから、市場に出荷しました。

醸造家の試飲コメント

「レ・セッレ・ヌオーヴェ・デル・オルネッライア2004は、完璧にバランスが取れた天候と、樹齢の若いブドウの生命力が完全に合致したヴィンテージをそのまま表しています。ワインには、この2つの影響がはっきり表れています。色調は生命力に溢れ、同時に豊かな濃縮度を見せています。香りは、滑らかで、めりはりの効いた果実の香りがあり、スパイスやミントのニュアンスへきれいに変化します。口に含むと、スケールが大きく、フルボディーで、メルローの滑らかな香草のニュアンスと、カベルネ・ソーヴィニヨンとカベルネ・フランの素晴らしい果実味が見事に響き合っています」

2006年9月 最高醸造責任者 アクセル・ハインツ

RATINGS

Wine Advocate 91

Wine Spectator 92

Antonio Galloni 90