ポッジョ・アッレ・ガッツェ・デル・オルネッライア

IGTトスカーナ・ビアンコ

ポッジョ・アッレ・ガッツェ・デル・オルネッライアは、オルネッライア特有の地中海性のマイクロ・クライメイトの恩恵を受けた、エレガントな風味のある白ワインです。ソーヴィニヨン・ブランを主体にし、しっかりした骨格と成熟した果実味を感じる一方、極上のフィネスも美しく表れています。

2019年の天候と作柄

ソーヴィニヨン・ブラン78%,

ヴェルメンティーノ16%,

ヴェルデッキオ6%

2019年は、雨が降って寒い期間と、旱魃で猛暑が長く続いた期間が交互に現れ、近年稀にみる激しい天候の変化が特徴的な年でした。 冬は例年並みの気候で、4 月の第 1 週につぼみが出ました。4 月と 5 月は寒く、雨が続いたため、ブドウの成長に大きな影響が出て、開花は例年より 10 日以上も遅れました。6 月は一転して異常な猛暑と乾燥の月となり、月末には最高気温が 37°C にも達しました。夏の間は日差しが強い猛暑が続き、平均気温は例年を 2°Cも上回り、45 日間、降水量がゼロとなりました。7 月の最終週、2 日間に渡って雨が降り、長い日照りが終わりました。この雨で、天候は例年に戻り、ブドウの成長には理想の状況になります。 ソーヴィニヨン・ブランの収穫が始まったのが 8 月 19 日で、9 月の上旬まで続きました。ヴィオニエは 8 月末から収穫し、晩熟したヴェルメンティーノとヴェルデッキオは、 9 月の中ごろには完全に熟しました。

醸造と熟成

健全で上質のブドウだけを選んで早朝に手摘みで収穫し、実が潰れないよう、15 kg の小型コンテナーに入れ、醸造所へ運ぶと直ちに冷却します。このプロセスにより、ブドウの香り成分をそのまま保てるのです。熟練した職人の目で上質のブドウだけを選別した後、果汁が酸化しないよう最大限の注意を払いながら、除梗せず全房のまま、十分な時間をかけて搾ります。12 時間かけて重力により果汁を 澄ませた後、ロットごとに樽(新樽 25%, 旧樽 25%)、ステンレス・タンクとコンクリート槽(50%)へ入れます。発酵は 22°C以下で進め、マロラクティック発酵はさせません。ワインは、6 か月間、澱と接触させたまま熟成させ、その期間、定期的にバトナ―ジュで澱を攪拌します。その後、ブレンドして仕上げます。ワインは軽く清澄した後、さらに 12 ヵ月の瓶内熟成を経て、市場にリリースします。

最高醸造責任者アクセル・ハインツ

醸造家の試飲コメント

2019 年は、収穫が遅くなったことが白ブドウに幸いし、香り成分の豊かなブドウができました。ポッジョ・アッレ・ガッツェ・デル・オルネッライア 2019の色調は、明るい麦わら色で緑色の反射が見えます。凝縮された柑橘系や南国のフルーツの香りがあり、その中に刈り取った芝生やアスパラガスのニュアンスも感じます。口に含むと、ボディが活き活きとしており、弾けるような酸味と、しっかりしたミネラルを感じ、余韻がいつまでも続きます。

2020年5月 醸造責任者 オルガ・フザーリ

RATINGS

Wine Advocate 92

James Suckling 92

Antonio Galloni 92

2019年の天候と作柄

ソーヴィニヨン・ブラン78%,

ヴェルメンティーノ16%,

ヴェルデッキオ6%

2019年は、雨が降って寒い期間と、旱魃で猛暑が長く続いた期間が交互に現れ、近年稀にみる激しい天候の変化が特徴的な年でした。 冬は例年並みの気候で、4 月の第 1 週につぼみが出ました。4 月と 5 月は寒く、雨が続いたため、ブドウの成長に大きな影響が出て、開花は例年より 10 日以上も遅れました。6 月は一転して異常な猛暑と乾燥の月となり、月末には最高気温が 37°C にも達しました。夏の間は日差しが強い猛暑が続き、平均気温は例年を 2°Cも上回り、45 日間、降水量がゼロとなりました。7 月の最終週、2 日間に渡って雨が降り、長い日照りが終わりました。この雨で、天候は例年に戻り、ブドウの成長には理想の状況になります。 ソーヴィニヨン・ブランの収穫が始まったのが 8 月 19 日で、9 月の上旬まで続きました。ヴィオニエは 8 月末から収穫し、晩熟したヴェルメンティーノとヴェルデッキオは、 9 月の中ごろには完全に熟しました。

醸造と熟成

健全で上質のブドウだけを選んで早朝に手摘みで収穫し、実が潰れないよう、15 kg の小型コンテナーに入れ、醸造所へ運ぶと直ちに冷却します。このプロセスにより、ブドウの香り成分をそのまま保てるのです。熟練した職人の目で上質のブドウだけを選別した後、果汁が酸化しないよう最大限の注意を払いながら、除梗せず全房のまま、十分な時間をかけて搾ります。12 時間かけて重力により果汁を 澄ませた後、ロットごとに樽(新樽 25%, 旧樽 25%)、ステンレス・タンクとコンクリート槽(50%)へ入れます。発酵は 22°C以下で進め、マロラクティック発酵はさせません。ワインは、6 か月間、澱と接触させたまま熟成させ、その期間、定期的にバトナ―ジュで澱を攪拌します。その後、ブレンドして仕上げます。ワインは軽く清澄した後、さらに 12 ヵ月の瓶内熟成を経て、市場にリリースします。

最高醸造責任者アクセル・ハインツ

醸造家の試飲コメント

2019 年は、収穫が遅くなったことが白ブドウに幸いし、香り成分の豊かなブドウができました。ポッジョ・アッレ・ガッツェ・デル・オルネッライア 2019の色調は、明るい麦わら色で緑色の反射が見えます。凝縮された柑橘系や南国のフルーツの香りがあり、その中に刈り取った芝生やアスパラガスのニュアンスも感じます。口に含むと、ボディが活き活きとしており、弾けるような酸味と、しっかりしたミネラルを感じ、余韻がいつまでも続きます。

2020年5月 醸造責任者 オルガ・フザーリ

RATINGS

Wine Advocate 92

James Suckling 92

Antonio Galloni 92