2011年の成長期

100% プティ・マンサン

収穫が大幅に遅れた2010年に続く2011年は、非常に暑い年となりました。そのため、収穫は例年より早く行われました。 雨が多かった冬の後、例年より暖かい春が訪れ、ぶどうの生育サイクルが10日間も早まりました。芽吹きはとりわけ速やかで均一でした。それは偉大なヴィンテージを予想させる有望な兆しでした。成長はその後6月と7月の涼しい気候により、速度をゆるめました。開花と色づきの後に、雨が適切なタイミングで降り、ぶどうの房の最適な成長を促しました。8月末の熱波が成熟をさらに助長したため、収穫は8月最終週に開始しました。9月の気候は晴天で雨が降らず、ほぼ完璧に近い熟成条件が整いました。このような乾燥した晴天の日々から、房全体が驚くほど均一にアパッシメントと呼ばれる自然半乾燥状態に導かれ、収穫は10月前半に2回に分けて行われました。

醸造と熟成

醸造所に運び込まれたぶどうは収穫ごとに別々に醸造を行います。時間をかけて緩やかに圧搾し、一晩デブルバージュを行って固形物を沈殿。それぞれのロットはバリック新樽を100%使用し、22°C以下でアルコール醗酵が行われ、糖度とアルコール度数が求めるレベルに達したところで醗酵を止めます。マロラクティ ック醗酵は行いません。その後澱引きをし12ヶ月間熟成を行った後、別々に醸造・熟成されたロットをブレンドし、瓶詰め後更に1年間の瓶熟成を行った後出荷しています。

テイスティングコメント

オルヌス・デル・オルネッライアは、テロワールにかける情熱と、この土地の持っている可能性探求への欲求によって生まれた、究極の甘口ワインです。温暖な気候と秋のボルゲリに吹く風が、このワイン造りに大きく貢献しています。 オルヌス・デル・オルネッライア2011は、この年の陽光に恵まれた暖かな気候を反映した濃く深みのある金色が特徴で、熟したトロピカルフルーツ、ドライアプリコット、柑橘類、キャラメルの香りが感じられます。口に含むと、生き生きとした豊かな味わいとともにハチミツとトロピカルフルーツの香りが広がります。しっかりとした甘みとプティ・マンサン特有の程よい酸味がバランスよく全体をつくり上げています。

2011年の成長期

100% プティ・マンサン

収穫が大幅に遅れた2010年に続く2011年は、非常に暑い年となりました。そのため、収穫は例年より早く行われました。 雨が多かった冬の後、例年より暖かい春が訪れ、ぶどうの生育サイクルが10日間も早まりました。芽吹きはとりわけ速やかで均一でした。それは偉大なヴィンテージを予想させる有望な兆しでした。成長はその後6月と7月の涼しい気候により、速度をゆるめました。開花と色づきの後に、雨が適切なタイミングで降り、ぶどうの房の最適な成長を促しました。8月末の熱波が成熟をさらに助長したため、収穫は8月最終週に開始しました。9月の気候は晴天で雨が降らず、ほぼ完璧に近い熟成条件が整いました。このような乾燥した晴天の日々から、房全体が驚くほど均一にアパッシメントと呼ばれる自然半乾燥状態に導かれ、収穫は10月前半に2回に分けて行われました。

醸造と熟成

醸造所に運び込まれたぶどうは収穫ごとに別々に醸造を行います。時間をかけて緩やかに圧搾し、一晩デブルバージュを行って固形物を沈殿。それぞれのロットはバリック新樽を100%使用し、22°C以下でアルコール醗酵が行われ、糖度とアルコール度数が求めるレベルに達したところで醗酵を止めます。マロラクティ ック醗酵は行いません。その後澱引きをし12ヶ月間熟成を行った後、別々に醸造・熟成されたロットをブレンドし、瓶詰め後更に1年間の瓶熟成を行った後出荷しています。

テイスティングコメント

オルヌス・デル・オルネッライアは、テロワールにかける情熱と、この土地の持っている可能性探求への欲求によって生まれた、究極の甘口ワインです。温暖な気候と秋のボルゲリに吹く風が、このワイン造りに大きく貢献しています。 オルヌス・デル・オルネッライア2011は、この年の陽光に恵まれた暖かな気候を反映した濃く深みのある金色が特徴で、熟したトロピカルフルーツ、ドライアプリコット、柑橘類、キャラメルの香りが感じられます。口に含むと、生き生きとした豊かな味わいとともにハチミツとトロピカルフルーツの香りが広がります。しっかりとした甘みとプティ・マンサン特有の程よい酸味がバランスよく全体をつくり上げています。