オルネッライア 2004

DOCボルゲリ・ロッソ・スペリオーレ

極上のワインを造りたいとの熱い思いで立ち上げたオルネッライアの哲学を見事に表現しています。オルネッライアは、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、カベルネ・フラン、プティ・ヴェルドをブレンドし、ボルゲリの豊かなテロワールの卓越性を感じるワインです。

2004年の天候と作柄

カベルネ・ソーヴィニヨ60%

メルロー25%

カベルネ・フラン12%

プティ・ヴェルド3%

2004年は教科書的な素晴らしいヴィンテージとなりました。冬には十分な降雨があり、気温が過度に下がることはありませんでした。春は好天が続き、時折、短時間の雷雨がありました。3月30日から4月10日にかけて、発芽します。開花すると、果房の部分が豊かに成長しました(前年の高温のため)。ブドウが過剰に房をつけてブドウの質が下がる可能性があったため、広範囲で剪定を繰り返し、余分な房を切り落として果実の品質レベルを維持しました。初夏は穏やかな気温となり、8月は晴天で非常に暑い日が続きました。理想的な天候により、全ての品種が順調に、健康に、均一に育ちました。収穫時期の降雨はなく、各区画のブドウを最適のタイミングで収穫できました。収穫開始は9月2日で、樹齢の若いメルローの畑から始まりました。他のメルローの畑では9月15日から25日にかけて熟成の頂点を迎え、その後、カベルネ・フランが続きました。カベルネ・ソーヴィニヨンの収穫は9月25日に始まり、10月の第1週に完了しました。

醸造と熟成

ブドウの房はすべて手摘みで収穫し、実が潰れないよう、容量が15kgの小型コンテナーに入れ醸造所へ運んだ後、除梗前と後の2回、健全なブドウのみを選別し、軽く破砕しました。ブドウは、品種ごと、区画ごとに分けて醸造し、51のベースワインとなりました。それぞれ、テロワールの特徴が出ており、多彩なワインが揃いました。ステンレス・タンクで26℃から30℃に温度制御して1週間かけてアルコール発酵させ、その後、18日間、スキン・コンタクトさせました。マロラクティック発酵は木樽を使います(新樽70%、1年使用30%)。ワインは、バリックの小樽に入れて18ヵ月間、オルネッライアの温度管理したセラーで熟成させます。12ヵ月熟成させた時点でワインをブレンドした後、6ヵ月、樽熟させました。ボトルに詰めた後、更に12ヵ月の瓶内熟成を経て、市場にリリースしました。

醸造家の試飲コメント

「2004年は、オルネッライアの素晴らしい特徴を遺憾なく発揮したヴィンテージであり、ボルゲリのクラシックなスタイルとなりました。ブドウの成長期には理想的な天候に恵まれ、熟成感、複雑な風味、フィネスの三者が見事なバランスを見せました。ビロードのように滑らかで豊潤なメルローと、織り込んだ絹のように緻密でエレガントなタンニンがあるカベルネ・ソーヴィニヨンが絶妙のバランスを見せ、プティ・ヴェルドを少量ブレンドすることで、より豊かな風味になりました」 

最高醸造責任者 アクセル・ハインツ

RATINGS

Wine Advocate 95

Wine Spectator 97

James Suckling 97

Antonio Galloni 95

2004年の天候と作柄

カベルネ・ソーヴィニヨ60%

メルロー25%

カベルネ・フラン12%

プティ・ヴェルド3%

2004年は教科書的な素晴らしいヴィンテージとなりました。冬には十分な降雨があり、気温が過度に下がることはありませんでした。春は好天が続き、時折、短時間の雷雨がありました。3月30日から4月10日にかけて、発芽します。開花すると、果房の部分が豊かに成長しました(前年の高温のため)。ブドウが過剰に房をつけてブドウの質が下がる可能性があったため、広範囲で剪定を繰り返し、余分な房を切り落として果実の品質レベルを維持しました。初夏は穏やかな気温となり、8月は晴天で非常に暑い日が続きました。理想的な天候により、全ての品種が順調に、健康に、均一に育ちました。収穫時期の降雨はなく、各区画のブドウを最適のタイミングで収穫できました。収穫開始は9月2日で、樹齢の若いメルローの畑から始まりました。他のメルローの畑では9月15日から25日にかけて熟成の頂点を迎え、その後、カベルネ・フランが続きました。カベルネ・ソーヴィニヨンの収穫は9月25日に始まり、10月の第1週に完了しました。

醸造と熟成

ブドウの房はすべて手摘みで収穫し、実が潰れないよう、容量が15kgの小型コンテナーに入れ醸造所へ運んだ後、除梗前と後の2回、健全なブドウのみを選別し、軽く破砕しました。ブドウは、品種ごと、区画ごとに分けて醸造し、51のベースワインとなりました。それぞれ、テロワールの特徴が出ており、多彩なワインが揃いました。ステンレス・タンクで26℃から30℃に温度制御して1週間かけてアルコール発酵させ、その後、18日間、スキン・コンタクトさせました。マロラクティック発酵は木樽を使います(新樽70%、1年使用30%)。ワインは、バリックの小樽に入れて18ヵ月間、オルネッライアの温度管理したセラーで熟成させます。12ヵ月熟成させた時点でワインをブレンドした後、6ヵ月、樽熟させました。ボトルに詰めた後、更に12ヵ月の瓶内熟成を経て、市場にリリースしました。

醸造家の試飲コメント

「2004年は、オルネッライアの素晴らしい特徴を遺憾なく発揮したヴィンテージであり、ボルゲリのクラシックなスタイルとなりました。ブドウの成長期には理想的な天候に恵まれ、熟成感、複雑な風味、フィネスの三者が見事なバランスを見せました。ビロードのように滑らかで豊潤なメルローと、織り込んだ絹のように緻密でエレガントなタンニンがあるカベルネ・ソーヴィニヨンが絶妙のバランスを見せ、プティ・ヴェルドを少量ブレンドすることで、より豊かな風味になりました」 

最高醸造責任者 アクセル・ハインツ

RATINGS

Wine Advocate 95

Wine Spectator 97

James Suckling 97

Antonio Galloni 95