2001年の成長期

65% カベルネ・ソーヴィニョン

30% メルロー

5% カベルネ・フラン

2001年は暖かく平年より降雨量の多い冬で始まり、これによって畑の樹々は3月末から4月の初めにかけて 芽吹きの時期を迎えました。春は雨が多く気温は平年並みで、開花は5月半ばにカベルネ・フランとメルロー から始まり、5月の最終週にカベルネ・ソーヴィニョンが開花しました。 夏には雨がほとんど降らず、気温は平年並みでした。良好な気象条件により、ぶどうの実は均一に成長しま した。 7月の初めには、まずメルローの摘果(約30%)、その後カベルネ・ソーヴィニョンの摘果(約10%)を行い、残 りの果実の成熟が良い状態で進むよう手入れを行いました。 収穫期間中も引き続き好天で、日中は暖かく晴れて夜は涼しい天候となりました。 樹齢の若い畑のメルローの収穫が9月の最初の数日に始まりました。収穫は1週間ほど中断された後、9月半 ばまで続きました。中断していた間、より成熟した畑ではタンニンが最適なレベルに熟しました。カベルネ ・ソーヴィニョンの収穫が9月の第3週に始まり、10月5日に終わりました。

醸造と熟成

オルネッライア 2001に使用されたぶどうは、それぞれ15kg容量のかごを使用し手摘みによる収穫を行っています。手 作業による入念な選果を行い、その後除梗し軽く破砕後、一部は中サイズの木樽、一部はステンレスタ ンクを使用し、30°C以下の温度でアルコール醗酵を行いました。醸造及び熟成は品種と畑の区画ごとに 別々に行っています。引き続き25- 30日間マセラシオン(醸し)を行い、その後フレンチオークのバリック樽(新樽70%、使用済み樽30%) に移し変え、バリック樽内でマロラクティック醗酵を終了しています。 ワインは完全温度管理された当社のセラーにて合計18ヶ月間バリック熟成を行っています。熟成期間中 12ヵ月過ぎた段階でブレンドを行い、再びバリック樽にて6ヶ月の熟成を行いました。そして、澱引き と清澄作業の後瓶詰めを行い、更に12ヶ月間の瓶熟成を行った後出荷をしています。

テイスティングコメント

よく熟した黒や赤い果実の香りと、絶妙なバランスのしなやかで滑らかなタンニンが、オルネッライアの骨 格を作り上げているその他の要素と見事に調和して、素晴らしいボディと永遠に続くかのような余韻を持っ たワインを生み出しています。

2001年の成長期

65% カベルネ・ソーヴィニョン

30% メルロー

5% カベルネ・フラン

2001年は暖かく平年より降雨量の多い冬で始まり、これによって畑の樹々は3月末から4月の初めにかけて 芽吹きの時期を迎えました。春は雨が多く気温は平年並みで、開花は5月半ばにカベルネ・フランとメルロー から始まり、5月の最終週にカベルネ・ソーヴィニョンが開花しました。 夏には雨がほとんど降らず、気温は平年並みでした。良好な気象条件により、ぶどうの実は均一に成長しま した。 7月の初めには、まずメルローの摘果(約30%)、その後カベルネ・ソーヴィニョンの摘果(約10%)を行い、残 りの果実の成熟が良い状態で進むよう手入れを行いました。 収穫期間中も引き続き好天で、日中は暖かく晴れて夜は涼しい天候となりました。 樹齢の若い畑のメルローの収穫が9月の最初の数日に始まりました。収穫は1週間ほど中断された後、9月半 ばまで続きました。中断していた間、より成熟した畑ではタンニンが最適なレベルに熟しました。カベルネ ・ソーヴィニョンの収穫が9月の第3週に始まり、10月5日に終わりました。

醸造と熟成

オルネッライア 2001に使用されたぶどうは、それぞれ15kg容量のかごを使用し手摘みによる収穫を行っています。手 作業による入念な選果を行い、その後除梗し軽く破砕後、一部は中サイズの木樽、一部はステンレスタ ンクを使用し、30°C以下の温度でアルコール醗酵を行いました。醸造及び熟成は品種と畑の区画ごとに 別々に行っています。引き続き25- 30日間マセラシオン(醸し)を行い、その後フレンチオークのバリック樽(新樽70%、使用済み樽30%) に移し変え、バリック樽内でマロラクティック醗酵を終了しています。 ワインは完全温度管理された当社のセラーにて合計18ヶ月間バリック熟成を行っています。熟成期間中 12ヵ月過ぎた段階でブレンドを行い、再びバリック樽にて6ヶ月の熟成を行いました。そして、澱引き と清澄作業の後瓶詰めを行い、更に12ヶ月間の瓶熟成を行った後出荷をしています。

テイスティングコメント

よく熟した黒や赤い果実の香りと、絶妙なバランスのしなやかで滑らかなタンニンが、オルネッライアの骨 格を作り上げているその他の要素と見事に調和して、素晴らしいボディと永遠に続くかのような余韻を持っ たワインを生み出しています。