1992年の成長期

79% カベルネ・ソーヴィニョン

16% メルロー

5% カベルネ・フラン

1992年春の気温は平年並みで一定していましたが、その後6月は湿気が非常に多い月でした。そして、夏場 は気温が高く、暑く乾燥していました。夏の終わり、ちょうど収穫の始まる頃は、湿度の高い気候が再び戻 った為にぶどうの成熟が遅れ、それによって収穫の開始が遅くなりました。 1992年はトスカーナ州では地域によっては非常に難しい年と言われています。しかし、ボルゲリでは、ト スカーナの他の地域に見られた様な気候の影響による大きな問題は特にありませんでした。 収穫は最大15kg容量のかごを使用し、全て手摘みで行われました。収穫期間は9月17日から始まり、10月17 日に終了しました。ぶどうの選果には細心の注意が払われ、収穫後醸造所へ運ばれたぶどうは22- 24度という非常に良好な糖度を示していました。

醸造と熟成

オルネッライア 1992に使用されたぶどうは、除梗、軽い破砕後、一部は木樽一部はステンレスタンクを使用し、アルコー ル醗酵とマセラシオン(醸し)を20-22日間行っています。 その後フレンチオークのバリック樽へ移し、そこでマロラクティック醗酵が終了しています。 バリック樽での熟成は12ヶ月間行われ、熟成には、40%がフレンチオークの新樽(主にアリエ産とヌヴェー ル産)、60%が使用済み樽を使っています。そして瓶詰め後、更に16ヶ月間の瓶熟成を行った後市場へ出荷 しています。

テイスティングコメント

垂直テイスティング:2001年6月12日 1992年ヴィンテージは極めてエレガントなワインです。香りの中にマジパン、カラメル、森の茂みや下生 え、枯葉、野菜系等、非常に表現豊かなブーケを感じ取ることができます。ワインはボディもしっかりして おり、今まさに飲み頃です。

1992年の成長期

79% カベルネ・ソーヴィニョン

16% メルロー

5% カベルネ・フラン

1992年春の気温は平年並みで一定していましたが、その後6月は湿気が非常に多い月でした。そして、夏場 は気温が高く、暑く乾燥していました。夏の終わり、ちょうど収穫の始まる頃は、湿度の高い気候が再び戻 った為にぶどうの成熟が遅れ、それによって収穫の開始が遅くなりました。 1992年はトスカーナ州では地域によっては非常に難しい年と言われています。しかし、ボルゲリでは、ト スカーナの他の地域に見られた様な気候の影響による大きな問題は特にありませんでした。 収穫は最大15kg容量のかごを使用し、全て手摘みで行われました。収穫期間は9月17日から始まり、10月17 日に終了しました。ぶどうの選果には細心の注意が払われ、収穫後醸造所へ運ばれたぶどうは22- 24度という非常に良好な糖度を示していました。

醸造と熟成

オルネッライア 1992に使用されたぶどうは、除梗、軽い破砕後、一部は木樽一部はステンレスタンクを使用し、アルコー ル醗酵とマセラシオン(醸し)を20-22日間行っています。 その後フレンチオークのバリック樽へ移し、そこでマロラクティック醗酵が終了しています。 バリック樽での熟成は12ヶ月間行われ、熟成には、40%がフレンチオークの新樽(主にアリエ産とヌヴェー ル産)、60%が使用済み樽を使っています。そして瓶詰め後、更に16ヶ月間の瓶熟成を行った後市場へ出荷 しています。

テイスティングコメント

垂直テイスティング:2001年6月12日 1992年ヴィンテージは極めてエレガントなワインです。香りの中にマジパン、カラメル、森の茂みや下生 え、枯葉、野菜系等、非常に表現豊かなブーケを感じ取ることができます。ワインはボディもしっかりして おり、今まさに飲み頃です。