1990年の成長期

82% カベルネ・ソーヴィニョン

14% メルロー

4% カベルネ・フラン

1990年は、8月中に適度な雨が降ったことに加え、ぶどうの成熟期間の後期に気温が高かったという特徴が ありました。 収穫は最大15kg容量のかごを使用し、全て手摘みで9月1日から20日まで行いました。ぶどうの選果には細 心の注意が払われ、収穫後醸造所へ運ばれたぶどうは22- 24.5度という非常に良好な糖度を示していました。

醸造と熟成

オルネッライアに使用されたぶどうは、除梗、軽い破砕後、一部は木樽、一部はステンレスタンクを使用し 、アルコール醗酵とマセラシオン(醸し)を15日間行っています。その後フレンチオークのバリック樽へ移 し、そこでマロラクティック醗酵が終了しています。 バリック樽での熟成は1991年2月から1992年4月まで15ヶ月間行われ、熟成には、40%がフレンチオークの 新樽、60%が使用済み樽を使っています。そして瓶詰め後、更に16ヶ月間の瓶熟成を行った後市場へ出荷し ています。

テイスティングコメント

垂直テイスティング:2001年6月12日 オルネッライア 1990は色合いに輝く濃いルビー色を持ち、香りの中にはプラムのジャム、ブラックチェリー、熟した果実 、なめし皮、バニラ、タバコなどのアロマを適度な複雑性をもって感じることが出来ます。口に含むと、完 璧なまでのバランスとまろやかなタンニンが感じられます。充分飲み頃に達していますが、更に4~5年の熟 成をすることにより、最高の味わいに達するでしょう。

1990年の成長期

82% カベルネ・ソーヴィニョン

14% メルロー

4% カベルネ・フラン

1990年は、8月中に適度な雨が降ったことに加え、ぶどうの成熟期間の後期に気温が高かったという特徴が ありました。 収穫は最大15kg容量のかごを使用し、全て手摘みで9月1日から20日まで行いました。ぶどうの選果には細 心の注意が払われ、収穫後醸造所へ運ばれたぶどうは22- 24.5度という非常に良好な糖度を示していました。

醸造と熟成

オルネッライアに使用されたぶどうは、除梗、軽い破砕後、一部は木樽、一部はステンレスタンクを使用し 、アルコール醗酵とマセラシオン(醸し)を15日間行っています。その後フレンチオークのバリック樽へ移 し、そこでマロラクティック醗酵が終了しています。 バリック樽での熟成は1991年2月から1992年4月まで15ヶ月間行われ、熟成には、40%がフレンチオークの 新樽、60%が使用済み樽を使っています。そして瓶詰め後、更に16ヶ月間の瓶熟成を行った後市場へ出荷し ています。

テイスティングコメント

垂直テイスティング:2001年6月12日 オルネッライア 1990は色合いに輝く濃いルビー色を持ち、香りの中にはプラムのジャム、ブラックチェリー、熟した果実 、なめし皮、バニラ、タバコなどのアロマを適度な複雑性をもって感じることが出来ます。口に含むと、完 璧なまでのバランスとまろやかなタンニンが感じられます。充分飲み頃に達していますが、更に4~5年の熟 成をすることにより、最高の味わいに達するでしょう。