オルネッライア 1988

DOCボルゲリ・ロッソ・スペリオーレ

極上のワインを造りたいとの熱い思いで立ち上げたオルネッライアの哲学を見事に表現しています。オルネッライアは、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、カベルネ・フラン、プティ・ヴェルドをブレンドし、ボルゲリの豊かなテロワールの卓越性を感じるワインです。

1988年の天候と作柄

カベルネ・ソーヴィニヨ80%

メルロー16%

カベルネ・フラン4%

1988年はブドウの発芽期から成熟期を迎えるまで、全体に日照に恵まれ、特に8月には何度か最高気温に達しました。収穫では、ブドウは全て手摘みし、房が潰れないよう容量が15kgの小型コンテナーに入れました。収穫時には厳しく選果を重ねて上質のブドウだけを摘み、醸造所へは質の高いブドウを搬入しました。メルローの収穫は9月14日に始まり、カベルネ・ソーヴィニヨンとカベルネ・フランは9月20日から開始しました。

醸造と熟成

収穫したブドウは除梗した後、柔らかく破砕して発酵させました。発酵は、一部は木の発酵槽で、残りはステンレス・タンクを使います。発酵と、その後のスキン・コンタクトは15日から20日間に及びました。ワインを澱引きした後、フレンチ・オークのバリック樽に入れてマロラクティック発酵させます。その後、1989年6月から1990年4月まで(11ヵ月間)、フレンチ・オークのバリック樽で熟成させました。バリック樽は、新樽が40%、1年使用した樽が60%です。ボトルに詰め、更に16ヵ月間の瓶内熟成を経て、市場にリリースしました。

RATINGS

Wine Advocate 93

Wine Spectator 93

Antonio Galloni 92

1988年の天候と作柄

カベルネ・ソーヴィニヨ80%

メルロー16%

カベルネ・フラン4%

1988年はブドウの発芽期から成熟期を迎えるまで、全体に日照に恵まれ、特に8月には何度か最高気温に達しました。収穫では、ブドウは全て手摘みし、房が潰れないよう容量が15kgの小型コンテナーに入れました。収穫時には厳しく選果を重ねて上質のブドウだけを摘み、醸造所へは質の高いブドウを搬入しました。メルローの収穫は9月14日に始まり、カベルネ・ソーヴィニヨンとカベルネ・フランは9月20日から開始しました。

醸造と熟成

収穫したブドウは除梗した後、柔らかく破砕して発酵させました。発酵は、一部は木の発酵槽で、残りはステンレス・タンクを使います。発酵と、その後のスキン・コンタクトは15日から20日間に及びました。ワインを澱引きした後、フレンチ・オークのバリック樽に入れてマロラクティック発酵させます。その後、1989年6月から1990年4月まで(11ヵ月間)、フレンチ・オークのバリック樽で熟成させました。バリック樽は、新樽が40%、1年使用した樽が60%です。ボトルに詰め、更に16ヵ月間の瓶内熟成を経て、市場にリリースしました。

RATINGS

Wine Advocate 93

Wine Spectator 93

Antonio Galloni 92