1988年の成長期

80% カベルネ・ソーヴィニョン

16% メルロー

4% カベルネ・フラン

1988年は全般的に気温が高く、ぶどうの生育サイクルにおいて初期の段階から、ぶどうの成熟期間の後期 まで太陽の光にとても恵まれていました。8月には気温が何度か夏場の平均気温よりさらに高い気温に達し ました。 収穫は最大15kgまでの容量のかごを使用し、全て手摘みで行いました。メルローの収穫は9月14日から行わ れ、カベルネ・ソーヴィニョンとカベルネ・フランは9月20日から行われました。

醸造と熟成

オルネッライア 1988に使用されたぶどうは、除梗、軽い破砕後、一部は木樽、一部はステンレスタンクを使用し醸造を行 っています。アルコール醗酵とマセラシオン(醸し)の期間は15- 20日間続き、その後フレンチオークのバリック樽へ移し、そこでマロラクティック醗酵が終了しています。 ワインはバリック樽で1989年6月から1990年4月まで11ヶ月間熟成を行っています。熟成に使用したバリッ ク樽は40%がフレンチオークの新樽(主にアリエ産とヌヴェール産)、60%が使用済み樽になります。その後 瓶詰めを行い、更に16ヶ月間の瓶熟成を行った後市場へ出荷しました。

テイスティングコメント

垂直テイスティング:2001年6月12日 1988年ヴィンテージは濃いルビー色で非常に優雅でまろやかです。香りの中にカカオ、熟したチェリー、 濃縮フルーツ、ミネラルの香りを感じ取ることができます。口の中に含むと、しっかりとした骨格が感じら れます。ワインはまさしく今飲み頃に達しています。

1988年の成長期

80% カベルネ・ソーヴィニョン

16% メルロー

4% カベルネ・フラン

1988年は全般的に気温が高く、ぶどうの生育サイクルにおいて初期の段階から、ぶどうの成熟期間の後期 まで太陽の光にとても恵まれていました。8月には気温が何度か夏場の平均気温よりさらに高い気温に達し ました。 収穫は最大15kgまでの容量のかごを使用し、全て手摘みで行いました。メルローの収穫は9月14日から行わ れ、カベルネ・ソーヴィニョンとカベルネ・フランは9月20日から行われました。

醸造と熟成

オルネッライア 1988に使用されたぶどうは、除梗、軽い破砕後、一部は木樽、一部はステンレスタンクを使用し醸造を行 っています。アルコール醗酵とマセラシオン(醸し)の期間は15- 20日間続き、その後フレンチオークのバリック樽へ移し、そこでマロラクティック醗酵が終了しています。 ワインはバリック樽で1989年6月から1990年4月まで11ヶ月間熟成を行っています。熟成に使用したバリッ ク樽は40%がフレンチオークの新樽(主にアリエ産とヌヴェール産)、60%が使用済み樽になります。その後 瓶詰めを行い、更に16ヶ月間の瓶熟成を行った後市場へ出荷しました。

テイスティングコメント

垂直テイスティング:2001年6月12日 1988年ヴィンテージは濃いルビー色で非常に優雅でまろやかです。香りの中にカカオ、熟したチェリー、 濃縮フルーツ、ミネラルの香りを感じ取ることができます。口の中に含むと、しっかりとした骨格が感じら れます。ワインはまさしく今飲み頃に達しています。