レ・ヴォルテ・デル・オルネッライア

トスカーナIGTロッソ

レ・ヴォルテ・デル・オルネッライアは、オルネッライアの畑に特有の地中海性のマイクロ・クライメイトにより、しっかりした骨格と複雑な風味を備えた赤ワインで、オルネッライアのワイン哲学をしっかり表わしています。ワインを飲むことが好きな愛好家、肩ひじ張らずにワインを楽しみたい人へ、オルネッライアのワインへの入門版として最適です。

2014年の天候と作柄

メルロー 70%

サンジョヴェーゼ 15%

カベルネ・ソーヴィニヨン15%

2014年は、オルネッライア史上、最も困難なヴィンテージとなりました。温暖で雨の多い冬に続き、温かく乾燥した春となり、発芽や開花は例年通りで順調に育ちました。7月も平年と同じ気候が続きましたが、8月は一転してブドウには厳しい気候条件となり、さらに、病害のリスクが非常に高くなりました。このため、8月はまる1ヶ月、丁寧に葉を刈り込み、こまめに病害対策を続けました。その結果、ブドウは理想の状態に戻り、9月と10月には病害の心配がなくなりました。9月と10月は日照が戻って乾燥し、ブドウが熟成する絶好に天候となって、特にメルローがこの恩恵を受けました。収穫はオルネッライア史上、最も遅く、樹齢の若いメルローの最初の収穫が始まったのが9月6日で、カベルネ・ソーヴィニヨンの最後の収穫が終わったのが10月22日でした。

醸造と熟成

ブドウは、品種ごと、区画ごとに分けて小型のステンレス・タンクで醸造し、ブドウの特徴が明確に表れるようにしています。ステンレス・タンクでアルコール発酵させ、続いて同じタンクでマロラクティック発酵させました。その後、一部はオルネッライアで使用した旧樽に入れ、残りはコンクリートのタンクに入れて10ヵ月させました。これにより、立体的な骨格をそなえたタンニンと、フレッシュ感のある果実味のバランスが完璧なワインに仕上がりました。

醸造家の試飲コメント

 「2014年は、私の記憶の中で最も厳しい試練の年であると同時に、高品質の素晴らしいワインを造ることができ、大きな喜びを感じたヴィンテージでもありました。ブドウは、例年よりゆっくり成熟したため、めりはりが効いてフレッシュ感のあるブドウが育ちました。 特に印象的なのは、タンニンの質の高さです。口に含むと、暑いヴィンテージのような濃厚さはなく、絹のように滑らかで洗練されており、ざらつく感じはありません。 レ・ヴォルテ・デル・オルネッライア2014は美しいバランスを見せており、2014年ヴィンテージで特に出来がよかったメルローにより、調和が取れ、若いうちから楽しめるワインに仕上がりました」

最高醸造責任者 アクセル・ハインツ

RATINGS

Wine Advocate 87

Wine Spectator 87

James Suckling 90

Antonio Galloni 87

2014年の天候と作柄

メルロー 70%

サンジョヴェーゼ 15%

カベルネ・ソーヴィニヨン15%

2014年は、オルネッライア史上、最も困難なヴィンテージとなりました。温暖で雨の多い冬に続き、温かく乾燥した春となり、発芽や開花は例年通りで順調に育ちました。7月も平年と同じ気候が続きましたが、8月は一転してブドウには厳しい気候条件となり、さらに、病害のリスクが非常に高くなりました。このため、8月はまる1ヶ月、丁寧に葉を刈り込み、こまめに病害対策を続けました。その結果、ブドウは理想の状態に戻り、9月と10月には病害の心配がなくなりました。9月と10月は日照が戻って乾燥し、ブドウが熟成する絶好に天候となって、特にメルローがこの恩恵を受けました。収穫はオルネッライア史上、最も遅く、樹齢の若いメルローの最初の収穫が始まったのが9月6日で、カベルネ・ソーヴィニヨンの最後の収穫が終わったのが10月22日でした。

醸造と熟成

ブドウは、品種ごと、区画ごとに分けて小型のステンレス・タンクで醸造し、ブドウの特徴が明確に表れるようにしています。ステンレス・タンクでアルコール発酵させ、続いて同じタンクでマロラクティック発酵させました。その後、一部はオルネッライアで使用した旧樽に入れ、残りはコンクリートのタンクに入れて10ヵ月させました。これにより、立体的な骨格をそなえたタンニンと、フレッシュ感のある果実味のバランスが完璧なワインに仕上がりました。

醸造家の試飲コメント

 「2014年は、私の記憶の中で最も厳しい試練の年であると同時に、高品質の素晴らしいワインを造ることができ、大きな喜びを感じたヴィンテージでもありました。ブドウは、例年よりゆっくり成熟したため、めりはりが効いてフレッシュ感のあるブドウが育ちました。 特に印象的なのは、タンニンの質の高さです。口に含むと、暑いヴィンテージのような濃厚さはなく、絹のように滑らかで洗練されており、ざらつく感じはありません。 レ・ヴォルテ・デル・オルネッライア2014は美しいバランスを見せており、2014年ヴィンテージで特に出来がよかったメルローにより、調和が取れ、若いうちから楽しめるワインに仕上がりました」

最高醸造責任者 アクセル・ハインツ

RATINGS

Wine Advocate 87

Wine Spectator 87

James Suckling 90

Antonio Galloni 87