2012年の成長期

50% メルロー

30% サンジョヴェーゼ

20% カベルネ・ソーヴィニョン

2012年は、2011年と似て、気温の低い乾燥した冬に続く、水不足が一層深刻な年でした。発芽は正常な状態 でしたが、例年平均に比べて100mmの水不足でした。穏やかでよく晴れた春の天候により、ぶどうの成長は 良好で、開花は短期間でかつ良好でした。7月と8月は気温も上昇し、雨もすくなく、水不足のために果実の 成熟が止まってしまうのではないかという不安がありました 。しかし、色づきはまったく正常で満足のいく結果になりました。8月末と9月上旬の雨がぶどうの成熟に 弾みをつけ、最適な香りとポリフェノール成分をともなった、全体的なぶどうの成熟が得られました。収穫 は9月2日から10月4日の間に実施されましたが、秋の大雨の前に終了しました。

醸造と熟成

各品種の特徴をそのまま保つため、醸造は品種ごとに小サイズのステンレスタンクを用いて行われています 。アルコール醗酵終了後、引き続きステンレスタンクにてマロラクティック醗酵が行われます。 ワインはその後、オルネッライアの熟成に用いられた2- 4年のバリック樽にて10ヶ月間熟成されます。小樽での熟成の間に、荒いタンニンがまろやかになりボディ がしっかりと増します。 入念なブレンドによる見事な味わいが表現されたレ・ヴォルテ・デル・オルネッライア。トスカーナ州の優良 テロワールのセレクションによって生まれたこのワインは、地中海らしい豊かさと大らかさに、しっかりと した骨格と複雑な味わいが融合されています。メルローのまろやかさ、カベルネ・ソーヴィニョンの生み出 すボディや深みが、生き生きとしたサンジョヴェーゼの個性に支えられ、オルネッライア社のフィロソフィ ーを映し出した、このワインだけのブレンドを作り上げています。

テイスティングコメント

2012年のビンテージは、レ・ヴォルテ・デル・オルネッライアの特徴をしっかりと備えています。過度の気温 上昇もなく穏やかな季節のおかげで、果実に理想的な熟度がもたらされました。ワインは、古典的でリッチ な色相が表現されており、果実味豊かで繊細なスパイスの効いたブーケが特徴です。口に含むとすぐにエレ ガントで滑らかなタンニンが広がり、生き生きとしたさわやかな酸味がその全体を補っています。

2012年の成長期

50% メルロー

30% サンジョヴェーゼ

20% カベルネ・ソーヴィニョン

2012年は、2011年と似て、気温の低い乾燥した冬に続く、水不足が一層深刻な年でした。発芽は正常な状態 でしたが、例年平均に比べて100mmの水不足でした。穏やかでよく晴れた春の天候により、ぶどうの成長は 良好で、開花は短期間でかつ良好でした。7月と8月は気温も上昇し、雨もすくなく、水不足のために果実の 成熟が止まってしまうのではないかという不安がありました 。しかし、色づきはまったく正常で満足のいく結果になりました。8月末と9月上旬の雨がぶどうの成熟に 弾みをつけ、最適な香りとポリフェノール成分をともなった、全体的なぶどうの成熟が得られました。収穫 は9月2日から10月4日の間に実施されましたが、秋の大雨の前に終了しました。

醸造と熟成

各品種の特徴をそのまま保つため、醸造は品種ごとに小サイズのステンレスタンクを用いて行われています 。アルコール醗酵終了後、引き続きステンレスタンクにてマロラクティック醗酵が行われます。 ワインはその後、オルネッライアの熟成に用いられた2- 4年のバリック樽にて10ヶ月間熟成されます。小樽での熟成の間に、荒いタンニンがまろやかになりボディ がしっかりと増します。 入念なブレンドによる見事な味わいが表現されたレ・ヴォルテ・デル・オルネッライア。トスカーナ州の優良 テロワールのセレクションによって生まれたこのワインは、地中海らしい豊かさと大らかさに、しっかりと した骨格と複雑な味わいが融合されています。メルローのまろやかさ、カベルネ・ソーヴィニョンの生み出 すボディや深みが、生き生きとしたサンジョヴェーゼの個性に支えられ、オルネッライア社のフィロソフィ ーを映し出した、このワインだけのブレンドを作り上げています。

テイスティングコメント

2012年のビンテージは、レ・ヴォルテ・デル・オルネッライアの特徴をしっかりと備えています。過度の気温 上昇もなく穏やかな季節のおかげで、果実に理想的な熟度がもたらされました。ワインは、古典的でリッチ な色相が表現されており、果実味豊かで繊細なスパイスの効いたブーケが特徴です。口に含むとすぐにエレ ガントで滑らかなタンニンが広がり、生き生きとしたさわやかな酸味がその全体を補っています。