2011年の天候と作柄

サンジョヴェーゼ 30%

メルロー 50%

カベルネ・ソーヴィニヨン 20%

全てが非常にゆっくり進んだ2010年の翌年、2011年は、一転して暑くて乾燥したヴィンテージとなり、例年より早い収穫を迎えました。冬は雨が多く、春は例年より暖かい日が続いたため、ブドウも平年より10日早く成長します。つぼみが出たのも非常に早く、均一に芽吹き、偉大なヴィンテージになる予兆がありました。6月と7月には気温が下がり、ブドウの成長が落ち着きます。開花後、および、ブドウの実が色づくヴェライゾンが終了した後、絶妙のタイミングで雨に恵まれ、理想的な条件でブドウが育ちました。8月下旬の熱波により、ブドウは完璧に成熟し、同月の最終週には収穫が始まりました。9月は日照に恵まれ雨もなく、完璧な天候の下、熟成したタンニン、めりはりの効いた酸味、豊潤で熟した果実味の三者が理想的なバランスを見せ、凝縮度の高いブドウを収穫できました。収穫が完了したのは9月1日で、例外的に早い時期となりました。

醸造と熟成

ブドウは、品種ごと、区画ごとに分けて小型のステンレス・タンクで醸造し、ブドウの特徴が明確に表れるようにしています。ステンレス・タンクでアルコール発酵させ、続いて同じタンクでマロラクティック発酵させました。その後、オルネッライアで2年から4年使用したバリックの小樽に入れて10ヵ月間熟成させました。小樽に入れることで骨格が立体的になり、タンニンが柔らかくなります

醸造家の試飲コメント

「レ・ヴォルテ・デル・オルネッライア2011は、2011年ヴィンテージの素晴らしい特徴がそのまま表われたワインです。ワインは豊潤でボディーが大きく、全ての要素が完璧なバランスを見せています。色調、および、香りは共に凝縮度が高く、ブラックベリー系、甘いすみれ、スパイスの深い香りを感じます。口に含むと、きめが細かく艶やかなタンニンが広がり、ビロードのような柔らかな口当たりを感じます。果実味とスパイス感が口中に広がり、引き締まった酸と一体になって生命力に溢れる余韻へと続きます」

最高醸造責任者 アクセル・ハインツ

RATINGS

Wine Advocate 90

Wine Spectator 89

James Suckling 90

Antonio Galloni 89

2011年の天候と作柄

サンジョヴェーゼ 30%

メルロー 50%

カベルネ・ソーヴィニヨン 20%

全てが非常にゆっくり進んだ2010年の翌年、2011年は、一転して暑くて乾燥したヴィンテージとなり、例年より早い収穫を迎えました。冬は雨が多く、春は例年より暖かい日が続いたため、ブドウも平年より10日早く成長します。つぼみが出たのも非常に早く、均一に芽吹き、偉大なヴィンテージになる予兆がありました。6月と7月には気温が下がり、ブドウの成長が落ち着きます。開花後、および、ブドウの実が色づくヴェライゾンが終了した後、絶妙のタイミングで雨に恵まれ、理想的な条件でブドウが育ちました。8月下旬の熱波により、ブドウは完璧に成熟し、同月の最終週には収穫が始まりました。9月は日照に恵まれ雨もなく、完璧な天候の下、熟成したタンニン、めりはりの効いた酸味、豊潤で熟した果実味の三者が理想的なバランスを見せ、凝縮度の高いブドウを収穫できました。収穫が完了したのは9月1日で、例外的に早い時期となりました。

醸造と熟成

ブドウは、品種ごと、区画ごとに分けて小型のステンレス・タンクで醸造し、ブドウの特徴が明確に表れるようにしています。ステンレス・タンクでアルコール発酵させ、続いて同じタンクでマロラクティック発酵させました。その後、オルネッライアで2年から4年使用したバリックの小樽に入れて10ヵ月間熟成させました。小樽に入れることで骨格が立体的になり、タンニンが柔らかくなります

醸造家の試飲コメント

「レ・ヴォルテ・デル・オルネッライア2011は、2011年ヴィンテージの素晴らしい特徴がそのまま表われたワインです。ワインは豊潤でボディーが大きく、全ての要素が完璧なバランスを見せています。色調、および、香りは共に凝縮度が高く、ブラックベリー系、甘いすみれ、スパイスの深い香りを感じます。口に含むと、きめが細かく艶やかなタンニンが広がり、ビロードのような柔らかな口当たりを感じます。果実味とスパイス感が口中に広がり、引き締まった酸と一体になって生命力に溢れる余韻へと続きます」

最高醸造責任者 アクセル・ハインツ

RATINGS

Wine Advocate 90

Wine Spectator 89

James Suckling 90

Antonio Galloni 89