2005年の天候と作柄

サンジョヴェーゼ 50%

メルロー 30%

カベルネ・ソーヴィニヨン 20%

2005年の冬は、比較的穏やかな天候となりました(ただし、2月から3月は厳寒の日があり、発芽が例年に比べ数日遅れました)。その後、非常に暑くて陽光の豊かな春となり、つぼみが1週間早く出ました。6月と7日は例年通りとなって、気温が高く、日照に富み、少し雨が降る気候となり、ブドウが均一に熟す絶好の条件になりました。8月になっても熟成に適した天気が続き、しかも気温が安定して例年の平均気温である32℃を越えることはなく。過熱にはなりませんでした。8月中旬に数回降雨があり、これが恵みの雨となってブドウには理想の天候となりました。収穫では、にわか雨のため何度も収穫を中断しましたが、地中海からの風でブドウはすぐに乾燥しました。

醸造と熟成

ブドウは、品種ごと、区画ごとに分けて小型のステンレス・タンクで醸造し、各ブドウに最適の抽出度、発酵温度で醸造し、品種の特徴がはっきり表れるようにしています。ステンレス・タンクでアルコール発酵させ、続いて同じタンクでマロラクティック発酵させました。その後、オルネッライアとマッセートで2年から4年使用したバリックの小樽に入れて10ヵ月間熟成させました。

醸造家の試飲コメント

「2005年ヴィンテージは、エレガントで若いうちから楽しめるのが特徴で、豊かな果実味の中にスパイスのニュアンスがあります。口に含むと、柔らかくて大きなボディーがあり、地中海のゆったりした大らかさを見せるサンジョヴェーゼ、がっしりした骨格をそなえたカベルネ・ソーヴィニヨン、柔らかいメルローが一体になり、至高の味わいを見せるワインに仕上がりました」

最高醸造責任者 アクセル・ハインツ

RATINGS

Wine Advocate 90

Wine Spectator 87

Antonio Galloni 90

Falstaff 86

2005年の天候と作柄

サンジョヴェーゼ 50%

メルロー 30%

カベルネ・ソーヴィニヨン 20%

2005年の冬は、比較的穏やかな天候となりました(ただし、2月から3月は厳寒の日があり、発芽が例年に比べ数日遅れました)。その後、非常に暑くて陽光の豊かな春となり、つぼみが1週間早く出ました。6月と7日は例年通りとなって、気温が高く、日照に富み、少し雨が降る気候となり、ブドウが均一に熟す絶好の条件になりました。8月になっても熟成に適した天気が続き、しかも気温が安定して例年の平均気温である32℃を越えることはなく。過熱にはなりませんでした。8月中旬に数回降雨があり、これが恵みの雨となってブドウには理想の天候となりました。収穫では、にわか雨のため何度も収穫を中断しましたが、地中海からの風でブドウはすぐに乾燥しました。

醸造と熟成

ブドウは、品種ごと、区画ごとに分けて小型のステンレス・タンクで醸造し、各ブドウに最適の抽出度、発酵温度で醸造し、品種の特徴がはっきり表れるようにしています。ステンレス・タンクでアルコール発酵させ、続いて同じタンクでマロラクティック発酵させました。その後、オルネッライアとマッセートで2年から4年使用したバリックの小樽に入れて10ヵ月間熟成させました。

醸造家の試飲コメント

「2005年ヴィンテージは、エレガントで若いうちから楽しめるのが特徴で、豊かな果実味の中にスパイスのニュアンスがあります。口に含むと、柔らかくて大きなボディーがあり、地中海のゆったりした大らかさを見せるサンジョヴェーゼ、がっしりした骨格をそなえたカベルネ・ソーヴィニヨン、柔らかいメルローが一体になり、至高の味わいを見せるワインに仕上がりました」

最高醸造責任者 アクセル・ハインツ

RATINGS

Wine Advocate 90

Wine Spectator 87

Antonio Galloni 90

Falstaff 86