2005年の成長期

50% サンジョヴェーゼ

30% メルロー

20% カベルネ・ソーヴィニョン

2005年の初めは、2月から3月の間に時折寒い日があったため、畑の樹々の芽吹きが数日遅れましたが、全 般的には暖かい冬でした。続いて訪れた春も、暖かい太陽の光を十分に受けることができ、開花時期は通常 より1週間程早まりました。 6~7月は全般的に暑く、充分な陽射しをうけながらも時折雨が降るという理想的な気候で進行し、房の色づ きは均一になりました。8月は夏場の平均気温である32°Cを超えることはなく、ぶどうの成熟はゆっくりと 進んでいきました。8月半ばに少し雨が降りましたが、逆にその雨が生育に非常に良い影響を与えました。 収穫期にはたびたび雨により一時休止を余儀なくされましたが、海から吹く風がぶどうを

醸造と熟成

テイスティングコメント

オルネッライア社のフィロソフィーを体現する製品。レ・ヴォルテ 2006は、まるでオルネッライアと同じ言葉を持って語りかけてくるかのようなトスカーナワインです。こ のワインからは幅広い果実香と軽いスパイス香を感じ取ることができます。まろやかで豊かな口当たりが生 み出すこの心地よさは、地中海の恵みを受けたサンジョヴェーゼの大らかさ、カベルネ・ソーヴィニョンが 生み出すしっかりとしたボディ、そしてメルローによるまろやかな味わいが結びついたものと言えるでしょ う。

2005年の成長期

50% サンジョヴェーゼ

30% メルロー

20% カベルネ・ソーヴィニョン

2005年の初めは、2月から3月の間に時折寒い日があったため、畑の樹々の芽吹きが数日遅れましたが、全 般的には暖かい冬でした。続いて訪れた春も、暖かい太陽の光を十分に受けることができ、開花時期は通常 より1週間程早まりました。 6~7月は全般的に暑く、充分な陽射しをうけながらも時折雨が降るという理想的な気候で進行し、房の色づ きは均一になりました。8月は夏場の平均気温である32°Cを超えることはなく、ぶどうの成熟はゆっくりと 進んでいきました。8月半ばに少し雨が降りましたが、逆にその雨が生育に非常に良い影響を与えました。 収穫期にはたびたび雨により一時休止を余儀なくされましたが、海から吹く風がぶどうを

醸造と熟成

テイスティングコメント

オルネッライア社のフィロソフィーを体現する製品。レ・ヴォルテ 2006は、まるでオルネッライアと同じ言葉を持って語りかけてくるかのようなトスカーナワインです。こ のワインからは幅広い果実香と軽いスパイス香を感じ取ることができます。まろやかで豊かな口当たりが生 み出すこの心地よさは、地中海の恵みを受けたサンジョヴェーゼの大らかさ、カベルネ・ソーヴィニョンが 生み出すしっかりとしたボディ、そしてメルローによるまろやかな味わいが結びついたものと言えるでしょ う。