2006年の成長期

35% メルロー

50% カベルネ・ソーヴィニョン

9% プティ・ヴェルド

6% カベルネ・フラン

2006年の前半は、寒く雨の多い冬が芽吹きを遅らせ、春に暖い日々の続いたものの生育の遅れを取り戻す ことが出来ず、花が満開となったのは6月の第一週でした。一方新芽の活力は若い畑においても豊産性に恵 まれ、摘果により生産バランスを調整しました。夏はトスカーナ州の海岸地区では雨がほとんど降らず、そ して幸運なことに気温は過度に高くなく、ぶどうの芳香成分を高めることができました。収穫期の初めには 、ぶどうは成分が凝縮して均一に熟し、完璧な状態でした。9月初めは陽光に恵まれ、風が吹き、メルロー とカベルネ・フランの収穫に最適な気候でした。9月15日と16日に降り続いた雨は、カベルネ・ソーヴィニョ ンの成熟を遅らせましたが、収穫を数日待つことにより、完璧な状態で醸造所へ運び込むことが出来ました 。収穫終了は10月4日でした。

醸造と熟成

15kg容量のかごを使用し手摘みによる収穫を行いました。除梗前と除梗後の2回にわたってぶどうを選別し 、続いて軽く破砕。醸造は各品種・各区画ごとに別々に行っています。アルコール醗酵はステンレスタンク を使用し、26-30°Cの温度で約1週間、そして引き続き10- 15日間のマセラシオン(醸し)を行っています。マロラクティック醗酵はステンレスタンク内で始まり、バ リック樽(新樽25%、1年樽75%)に移した後、バリック樽にて終了。ワインは完全温度管理された当社の セラーにて約15ヶ月間バリック熟成を行いました。 バリック樽内での熟成が始まった12ヵ月後にブレンドの行程を経て、再びバリック樽にて3ヶ月熟成を行い ました。そして、瓶詰め後更に6ヶ月間の瓶熟成を行った後出荷しています。

テイスティングコメント

2008年9月に試飲 レ・セッレ・ヌオーヴェ・デル・オルネッライア 2006は、生育サイクルが凝縮された収穫年に生まれた豊かで成熟したワイン。濃厚な色合いに、赤い果実 の暖かみのある香り、カカオ等のスパイス香を豊かに感じることが出来ます。味わいはまろやかで奥行きが あり、成熟した滑らかなタンニン、バランスの取れた酸味に支えられた豊かな風味が口の中に広がります。 メルローの豊かさ、プティ・ヴェルドの爽やかさ、カベルネの骨格が、間違いなく2006年ヴィンテージの特 徴と言えるでしょう。

2006年の成長期

35% メルロー

50% カベルネ・ソーヴィニョン

9% プティ・ヴェルド

6% カベルネ・フラン

2006年の前半は、寒く雨の多い冬が芽吹きを遅らせ、春に暖い日々の続いたものの生育の遅れを取り戻す ことが出来ず、花が満開となったのは6月の第一週でした。一方新芽の活力は若い畑においても豊産性に恵 まれ、摘果により生産バランスを調整しました。夏はトスカーナ州の海岸地区では雨がほとんど降らず、そ して幸運なことに気温は過度に高くなく、ぶどうの芳香成分を高めることができました。収穫期の初めには 、ぶどうは成分が凝縮して均一に熟し、完璧な状態でした。9月初めは陽光に恵まれ、風が吹き、メルロー とカベルネ・フランの収穫に最適な気候でした。9月15日と16日に降り続いた雨は、カベルネ・ソーヴィニョ ンの成熟を遅らせましたが、収穫を数日待つことにより、完璧な状態で醸造所へ運び込むことが出来ました 。収穫終了は10月4日でした。

醸造と熟成

15kg容量のかごを使用し手摘みによる収穫を行いました。除梗前と除梗後の2回にわたってぶどうを選別し 、続いて軽く破砕。醸造は各品種・各区画ごとに別々に行っています。アルコール醗酵はステンレスタンク を使用し、26-30°Cの温度で約1週間、そして引き続き10- 15日間のマセラシオン(醸し)を行っています。マロラクティック醗酵はステンレスタンク内で始まり、バ リック樽(新樽25%、1年樽75%)に移した後、バリック樽にて終了。ワインは完全温度管理された当社の セラーにて約15ヶ月間バリック熟成を行いました。 バリック樽内での熟成が始まった12ヵ月後にブレンドの行程を経て、再びバリック樽にて3ヶ月熟成を行い ました。そして、瓶詰め後更に6ヶ月間の瓶熟成を行った後出荷しています。

テイスティングコメント

2008年9月に試飲 レ・セッレ・ヌオーヴェ・デル・オルネッライア 2006は、生育サイクルが凝縮された収穫年に生まれた豊かで成熟したワイン。濃厚な色合いに、赤い果実 の暖かみのある香り、カカオ等のスパイス香を豊かに感じることが出来ます。味わいはまろやかで奥行きが あり、成熟した滑らかなタンニン、バランスの取れた酸味に支えられた豊かな風味が口の中に広がります。 メルローの豊かさ、プティ・ヴェルドの爽やかさ、カベルネの骨格が、間違いなく2006年ヴィンテージの特 徴と言えるでしょう。