2003年の成長期

60% メルロー

30% カベルネ・ソーヴィニョン

5% プティ・ヴェルド

5% カベルネ・フラン

2003年は冬に雨が多く降り、4月までに夏の間の強い日差しに耐えるための重要な水分を、土壌に充分に蓄 えることができました。春の畑の樹々の芽吹きは例年より少し遅くなりましたが、その後の気温の高さと干 ばつ(5月から9月始めまでの降雨量は14mmのみ)により開花期は1週間早まりました。夏の最高気温は、7 月20日から28日にかけて35°C、8月3日から9日にかけて39°Cを記録しました。8月の21日から28日の間に例 年より2週間早く、最も樹齢の若いメルローの収穫が2回に分けて行われました。それ以外の畑では、9月初 めの分析結果により、糖度は高いもののフェノール成分がまだ十分でないことが分かりました。収穫は9月1 0日になって再開され、その後時折の雷雨で気温が下がったことから、ぶどう果はバランスの取れた状態で 成熟を完結することができました。収穫量は予測よりも約30%減少しました。

醸造と熟成

醸造所に持ち込まれたぶどうは、除梗前と除梗後の2回にわたって選別を行い、続いて軽く破砕。醸造は各 品種・各区画ごとに別々に行っています。 アルコール醗酵はステンレスタンクを使用し、26- 30°Cの温度で1週間、そして引き続き21日間のマセラシオン(醸し)を行いました。マロラクティック醗酵 はステンレスタンク内で始まり、バリック樽(新樽25%、1年樽75%)に移した後、バリック樽内にて終了 。ワインは当社のセラーにて合計16ヶ月間バリック熟成を行いました。このバリック樽内での熟成が始まっ た12ヵ月後にブレンドの行程を経て、再びバリック樽にて4ヶ月間熟成を行いました。そして瓶詰め後更に 最低6ヶ月間の瓶熟成を行い出荷しています。

テイスティングコメント

2005年9月に試飲 レ・セッレ・ヌオーヴェ・デル・オルネッライア 2003は、太陽の恵みをたくさん受けたことにより、メルローを主とする熟した果実の濃厚な香りが、カベ ルネが生み出すしっかりとしたボディ、プティ・ヴェルドの爽やかなタンニンと共に熟成した果実感を感じ させる極めて濃縮感の高いワインに仕上げています。

2003年の成長期

60% メルロー

30% カベルネ・ソーヴィニョン

5% プティ・ヴェルド

5% カベルネ・フラン

2003年は冬に雨が多く降り、4月までに夏の間の強い日差しに耐えるための重要な水分を、土壌に充分に蓄 えることができました。春の畑の樹々の芽吹きは例年より少し遅くなりましたが、その後の気温の高さと干 ばつ(5月から9月始めまでの降雨量は14mmのみ)により開花期は1週間早まりました。夏の最高気温は、7 月20日から28日にかけて35°C、8月3日から9日にかけて39°Cを記録しました。8月の21日から28日の間に例 年より2週間早く、最も樹齢の若いメルローの収穫が2回に分けて行われました。それ以外の畑では、9月初 めの分析結果により、糖度は高いもののフェノール成分がまだ十分でないことが分かりました。収穫は9月1 0日になって再開され、その後時折の雷雨で気温が下がったことから、ぶどう果はバランスの取れた状態で 成熟を完結することができました。収穫量は予測よりも約30%減少しました。

醸造と熟成

醸造所に持ち込まれたぶどうは、除梗前と除梗後の2回にわたって選別を行い、続いて軽く破砕。醸造は各 品種・各区画ごとに別々に行っています。 アルコール醗酵はステンレスタンクを使用し、26- 30°Cの温度で1週間、そして引き続き21日間のマセラシオン(醸し)を行いました。マロラクティック醗酵 はステンレスタンク内で始まり、バリック樽(新樽25%、1年樽75%)に移した後、バリック樽内にて終了 。ワインは当社のセラーにて合計16ヶ月間バリック熟成を行いました。このバリック樽内での熟成が始まっ た12ヵ月後にブレンドの行程を経て、再びバリック樽にて4ヶ月間熟成を行いました。そして瓶詰め後更に 最低6ヶ月間の瓶熟成を行い出荷しています。

テイスティングコメント

2005年9月に試飲 レ・セッレ・ヌオーヴェ・デル・オルネッライア 2003は、太陽の恵みをたくさん受けたことにより、メルローを主とする熟した果実の濃厚な香りが、カベ ルネが生み出すしっかりとしたボディ、プティ・ヴェルドの爽やかなタンニンと共に熟成した果実感を感じ させる極めて濃縮感の高いワインに仕上げています。