2001年の成長期

70% カベルネ・ソーヴィニョン

30% メルロー

2001年は、平年より雨が多く暖かい冬で始まり、これによって芽吹きの時期が3月末から4月と早めに始ま りました。春は雨が多く気温は平年並みで、メルローは5月半ばに開花が始まり、カベルネ・ソーヴィニョン は5月の最終週に開花しました。 夏の気温は平年並みで、雨はほとんど降りませんでした。良好な気象条件により、ぶどうの実は均一に成長 しました。 7月の初めには、まずメルローの摘果(約30%)、その後カベルネ・ソーヴィニョンの摘果(約10%)を行い、残 りの果実の成熟が良い状態で進むよう手入れを行いました。 収穫期は日中は陽光に恵まれて暑く、夜は涼しいという理想的な気候でした。 収穫は9月の初め、樹齢の若い畑のメルローから開始しました。樹齢の高い畑はタンニンをより成熟させる ため、収穫作業を1週間一時休止し、9月半ばから再開しました。カベルネ・ソーヴィニョンの収穫は9月第 3週から開始し、10月5日に終了しました。

醸造と熟成

15kg容量のかごを用いて手摘みによる収穫を行いました。醸造所に運び込まれたぶどうは選果台上でさら に選別し、除梗し軽く破砕。ステンレスタンクを使用し26- 30°Cの温度でアルコール醗酵を行いました。各品種・各区画ごとに別々に醸造を行い、 引き続き約21日間のマセラシオン(醸し)を行っています。マロラクティック醗酵はステンレスタンク内で 始まり、バリック樽(新樽25%、使用済み樽75%)に移した後、バリック樽内にて終了しています。ワイン は完全温度管理された当社のセラーにて約18ヶ月バリック熟成を経て12ヵ月後にブレンドを行い、再びバ リック樽にて6ヶ月熟成を行っています。清澄作業の後、瓶詰めされ、その後、更に12ヶ月間の瓶熟成を行 い市場に出荷しています。

テイスティングコメント

レ・セッレ・ヌオーヴェ・デル・オルネッライア 2001は、赤色の深みを持ったワイン。香りの中には、赤い果実の香りが感じられます。バランスがとれ、 まろやかで大らか、骨格もあり、後味は滑らかで余韻が持続します。ブレンドの中心となるカベルネ・ソー ヴィニョンにより洗練されたタンニンが特徴のボディを作り上げ、メルローが加わることによってまろやか さを与えています。

2001年の成長期

70% カベルネ・ソーヴィニョン

30% メルロー

2001年は、平年より雨が多く暖かい冬で始まり、これによって芽吹きの時期が3月末から4月と早めに始ま りました。春は雨が多く気温は平年並みで、メルローは5月半ばに開花が始まり、カベルネ・ソーヴィニョン は5月の最終週に開花しました。 夏の気温は平年並みで、雨はほとんど降りませんでした。良好な気象条件により、ぶどうの実は均一に成長 しました。 7月の初めには、まずメルローの摘果(約30%)、その後カベルネ・ソーヴィニョンの摘果(約10%)を行い、残 りの果実の成熟が良い状態で進むよう手入れを行いました。 収穫期は日中は陽光に恵まれて暑く、夜は涼しいという理想的な気候でした。 収穫は9月の初め、樹齢の若い畑のメルローから開始しました。樹齢の高い畑はタンニンをより成熟させる ため、収穫作業を1週間一時休止し、9月半ばから再開しました。カベルネ・ソーヴィニョンの収穫は9月第 3週から開始し、10月5日に終了しました。

醸造と熟成

15kg容量のかごを用いて手摘みによる収穫を行いました。醸造所に運び込まれたぶどうは選果台上でさら に選別し、除梗し軽く破砕。ステンレスタンクを使用し26- 30°Cの温度でアルコール醗酵を行いました。各品種・各区画ごとに別々に醸造を行い、 引き続き約21日間のマセラシオン(醸し)を行っています。マロラクティック醗酵はステンレスタンク内で 始まり、バリック樽(新樽25%、使用済み樽75%)に移した後、バリック樽内にて終了しています。ワイン は完全温度管理された当社のセラーにて約18ヶ月バリック熟成を経て12ヵ月後にブレンドを行い、再びバ リック樽にて6ヶ月熟成を行っています。清澄作業の後、瓶詰めされ、その後、更に12ヶ月間の瓶熟成を行 い市場に出荷しています。

テイスティングコメント

レ・セッレ・ヌオーヴェ・デル・オルネッライア 2001は、赤色の深みを持ったワイン。香りの中には、赤い果実の香りが感じられます。バランスがとれ、 まろやかで大らか、骨格もあり、後味は滑らかで余韻が持続します。ブレンドの中心となるカベルネ・ソー ヴィニョンにより洗練されたタンニンが特徴のボディを作り上げ、メルローが加わることによってまろやか さを与えています。