2000年の天候と作柄

カベルネ・ソーヴィニヨ ン80%

メルロー20%

2000年は、前年の1999年より暖かく、1998年よりは寒い冬となりました。4月上旬、雨が降る中、均一な状態で芽吹きが始まりました。春は、例年通りの気温で、好天に恵まれ、ブドウは順調に育ちます。5月中旬には花が均一に咲きそろいました。夏の初めから収穫期まで、好天に恵まれ、雨は降らず、例年をはるかに上回る気温となりました。ブドウの成長期の気候としては理想的です。7月の中頃、ブドウを間引きました。メルローの果実を30%、カベルネ・ソーヴィニヨンを10%剪定し、残ったブドウが十分な養分と日照を受け上質の果実をつけるようにしました。9月の第1週、収穫は、樹齢の若いメルローの畑から始まり、同月の半ばまで続きます。カベルネ・ソーヴィニヨンとカベルネ・フランの収穫は9月の半ばに開始し、10月の初めに完了しました。2000年の収穫期は、例年より気温が高く、雨が降らない異例の気候となりました。ブドウは全て手摘みし、房が潰れないよう容量が15kgの小型コンテナーに入れて収穫しました。

醸造と熟成

ブドウの房はすべて手摘みで収穫し、粒が潰れないよう容量が15kgの小型コンテナーに入れて醸造所へ搬入しました。除梗の前と後の2回、健全なブドウだけを厳しく選別した後、柔らかく破砕します。ブドウは、品種ごと、区画ごとに分けて醸造しました。アルコール発酵にはステンレス・タンクを使い、26℃~30℃とやや高めに保って(30℃を越えることはありません)2週間かけます。その後、平均21日間、スキン・コンタクトさせました。マロラクティック発酵はステンレス・タンクで開始し、後に木樽へ移して完了させました(木樽は、新樽が25%、1年使用の旧樽が75%)。澱引きした後、ワインはバリックの小樽に入れ、温度管理したセラーで合計18ヵ月間熟成させます(12ヵ月が経過した時点でブレンドした後、樽に戻して6ヵ月間熟成させます)。澱を引いた後、アルブミンを使って軽く濾過してから瓶詰めし、ボトルでさらに6ヵ月間熟成させてから、市場に出荷しました。

RATINGS

Wine Advocate 87

Wine Spectator 89

2000年の天候と作柄

カベルネ・ソーヴィニヨ ン80%

メルロー20%

2000年は、前年の1999年より暖かく、1998年よりは寒い冬となりました。4月上旬、雨が降る中、均一な状態で芽吹きが始まりました。春は、例年通りの気温で、好天に恵まれ、ブドウは順調に育ちます。5月中旬には花が均一に咲きそろいました。夏の初めから収穫期まで、好天に恵まれ、雨は降らず、例年をはるかに上回る気温となりました。ブドウの成長期の気候としては理想的です。7月の中頃、ブドウを間引きました。メルローの果実を30%、カベルネ・ソーヴィニヨンを10%剪定し、残ったブドウが十分な養分と日照を受け上質の果実をつけるようにしました。9月の第1週、収穫は、樹齢の若いメルローの畑から始まり、同月の半ばまで続きます。カベルネ・ソーヴィニヨンとカベルネ・フランの収穫は9月の半ばに開始し、10月の初めに完了しました。2000年の収穫期は、例年より気温が高く、雨が降らない異例の気候となりました。ブドウは全て手摘みし、房が潰れないよう容量が15kgの小型コンテナーに入れて収穫しました。

醸造と熟成

ブドウの房はすべて手摘みで収穫し、粒が潰れないよう容量が15kgの小型コンテナーに入れて醸造所へ搬入しました。除梗の前と後の2回、健全なブドウだけを厳しく選別した後、柔らかく破砕します。ブドウは、品種ごと、区画ごとに分けて醸造しました。アルコール発酵にはステンレス・タンクを使い、26℃~30℃とやや高めに保って(30℃を越えることはありません)2週間かけます。その後、平均21日間、スキン・コンタクトさせました。マロラクティック発酵はステンレス・タンクで開始し、後に木樽へ移して完了させました(木樽は、新樽が25%、1年使用の旧樽が75%)。澱引きした後、ワインはバリックの小樽に入れ、温度管理したセラーで合計18ヵ月間熟成させます(12ヵ月が経過した時点でブレンドした後、樽に戻して6ヵ月間熟成させます)。澱を引いた後、アルブミンを使って軽く濾過してから瓶詰めし、ボトルでさらに6ヵ月間熟成させてから、市場に出荷しました。

RATINGS

Wine Advocate 87

Wine Spectator 89