• VDA16 SLIDESHOW 0
  • VDA16 SLIDESHOW 1
  • VDA16 SLIDESHOW 11
  • VDA16 SLIDESHOW 2
  • VDA16 SLIDESHOW 3
  • VDA16 SLIDESHOW 4
  • VDA16 SLIDESHOW 5
  • VDA16 SLIDESHOW 6
  • VDA16 SLIDESHOW 7
  • VDA16 SLIDESHOW 8

オルネッライア2016 ラ・テンシオーネ(緊張)

オルネッライア2016の特徴として選んだ言葉、「ラ・テンシオーネ(緊張)」をモチーフに、作品を担当したのがイラン出身の現代芸術家、シリン・ネシャットです。第11回目となるヴェンデミア・ダルティスタの作品として、ネシャットはオルネッライアの構内にインスタレーションを制作し、同じモチーフで大型ボトルも特別にデザインしました。また、オルネッライアの750mlボトル用にもラベルをデザインし、6本入った各ケースにつき1本、特製ラベルが付いています。

シリン・ネシャット

イランに生まれ、ニューヨークを活動拠点にする芸術家、映像作家。初期の代表作が『アッラーの女たち』シリーズ(1993年~ 1997年)の写真集で、イスラム原理主義や過激派に抑圧された女性をテーマにしています。初期の作品では、女性とフェミニストの問題に焦点を当て、イスラム教徒としてイランに住む女性の生活を政治的、社会的な視点で取り上げたシリーズ物の写真作品でした。その後の作品は、政治的なメッセージや批判的な視点を表に出すのではなく、詩的なイメージや物語をモチーフにし、女性の社会、個人、共同体を取り上げて、抽象的に政治を批判しています。写真、ビデオ、映画などの媒体を使って様々な表現を試み、実験を続けており、最新の作品には、写真シリーズの『列王記(2012年)』、『私の目の家(2015年)』、および、「幻影と鏡(2013年)」「ロハ(2016年)」「サラ(2016年)」の三部作から成るビデオ・インスタレーション、『ドリーマーズ』があります。

特別ラベル

これまでのヴェンデミア・ダルティスタ同様、ネシャットは、100本のダブルマグナム(3リットル)、10本のアンペリアル(6リットル)、世界に1本しかないサルマナザール(9リットル)の大型ボトル用の作品を制作しました。 また、750mlの通常ボトルの特別ラベルもデザインし、オルネッライア2016の1ケースに1本、特別ラベルのボトルが入っています。今回の作品の中核となるテーマとして、ワインを「社会での共有の瞬間」と解釈しました。これは、ネシャットと同じイラン出身で、有名な四行詩、『ルバイヤート』を著した詩人、ウマル・ハイヤームが、「地に生命がある瞬く間を楽しもうではないか」と詠んだ生命力です。2016年のラベルは、女性の顔、手、身体を拡大した写真に古代ペルシャ文字を筆で書いたもので、肌の柔らかさと、写真が持つ硬質なテクスチャが絶妙のコントラストとなって見る者の目を捉え、想像力を刺激します。