• Foto 01
  • Foto 02
  • Foto 03
  • Foto 04
  • Foto 05
  • Foto 06
  • Foto 07
  • Foto 08
  • Foto 09
  • Foto 10
  • Foto 11
  • Foto 12
  • Foto 13
  • Foto 14
  • Foto 15
  • Foto 16
  • Foto 17
  • Foto 18
  • Foto 19
  • Foto 20
  • Foto 21
  • Foto 22
  • Foto 23
  • Foto 24

オルネッライア2014 レッセンツァ(本質)

オルネッライア2014の特徴を表す言葉として選んだ「レッセンツァ(本質)」をモチーフに、芸術作品を担当したのがブラジル出身の現代芸術家、エルネスト・ネトです。第9目回となるヴェンデミア・ダルティスタの作品として、ネトはオルネッライアの敷地内の林の中にインスタレーションを制作し、同じモチーフで大型ボトルも特別にデザインしました。また、オルネッライアの750mlボトル用にもラベルをデザインし、6本入った各ケースにつき1本、特製ラベルが付いています。

エルネスト・ネト

1964年、リオデジャネイロ生まれ。ブラジルに住み、同国を拠点に芸術活動を展開。1994年から1997年までリオデジャネイロのラージェ公園ヴィジュアル芸術学校で学び、その間、サンパウロ近代美術館に作品を出品しました。かぎ針編み、襞のあるチュール生地、香辛料、石を使った手作りの作品のインスタレーションで有名になります。ネトの芸術の分野は広く、生物の形態の抽象化した古典的なモダニストの作品から、生のままの工業素材や自然の石や木を加工せずに使う先端芸術、「アルテ・ポーヴェラ」や、アメリカ発の「ミニマリスム」、ブラジルで始まったコンクリート・アートである「ネオ・コンクリーティスム」まで多岐に渡り、異質な物質を一つに融合させて美しく調和の取れた作品にしています。

作品の着想

今回のネトの作品の中核にあるのは、学術としてのシャーマニスム、自然界、自然現象、地域に密着した工芸品の四つです。2014年、ネトは、ブラジルの先住民、フニクイン族のメンバーとともに、同部族の儀式とシャーマニスムの伝統を調査することで芸術の交流を試みました。フニクイン族の霊的な生活、自然と調和することで受ける癒し、地球のエネルギーと深く繋がることで授かる知恵と平安に触れ、ネトは自然の強さとダイナミスムを再認識して、それを作品で表現しました。フニクイン族の伝統、呪術医療、習慣からインスピレーションを得て、ネトは今回の作品で内なる変容を表現し、社会と環境保全が密接に繋がっていることを探ろうとしています。

特別ラベル

ヴェンデミア・ダルティスタの作品として、ネトは、目の粗い編み目の服でボトルを覆いました。編み目の結び目によって、この服を着た人と、現代社会で自然なバランスを保つこと表現しています。一人の王(サルマナザール・ボトル)、十人の領主(アンぺリアル)、多数の民(ダブル・マグナムとレギュラー・ボトル)がいる社会を想定し、その社会がバランスを保っていることを表しています。社会的な階層は、集団として調和的に暮らす上で、また、母なる自然と協調する上で不可欠であることを表現しました。これまでのヴェンデミア・ダルティスタ同様、ネトは、100本のダブルマグナム(3リットル)、10本のアンペリアル(6リットル)、世界に1本しかないサルマナザール(9リットル)の大型ボトル用の作品を制作しました。 また、750mlの通常ボトルの特別ラベルもデザインし、オルネッライア2014の1ケースに1本、特別ラベルのボトルが入っています。