• Gallery VDA 2013 1
  • Gallery VDA 2013 10
  • Gallery VDA 2013 11
  • Gallery VDA 2013 12
  • Gallery VDA 2013 13
  • Gallery VDA 2013 14
  • Gallery VDA 2013 15
  • Gallery VDA 2013 16
  • Gallery VDA 2013 17
  • Gallery VDA 2013 18
  • Gallery VDA 2013 19
  • Gallery VDA 2013 2
  • Gallery VDA 2013 20
  • Gallery VDA 2013 3
  • Gallery VDA 2013 4
  • Gallery VDA 2013 5
  • Gallery VDA 2013 6
  • Gallery VDA 2013 7
  • Gallery VDA 2013 8
  • Gallery VDA 2013 9
  • Gallery VDA 2013 9 1
  • a
  • b
  • c
  • d
  • e
  • f
  • g

オルネッライア2013 レレガンツァ(エレガンス)

オルネッライア2013の特徴を表す言葉として選んだ「レレガンツァ(エレガンス)」をモチーフに、芸術作品を担当したのは、日本の現代芸術家、曽根裕(そねゆたか)です。第8回目となるヴェンデミア・ダルティスタの作品として、曽根はオルネッライアの敷地内に大理石の採石場を模したインスタレーションを制作し、同じモチーフで大型ボトルも特別にデザインしました。また、オルネッライアの750mlボトル用にもラベルをデザインし、6本入った各ケースにつき1本、特製ラベルが付いています。

曽根裕(そねゆたか)

1965年、静岡県生まれ。東京藝術大学で美術と建築学を学びました。現在、ロサンゼルスを拠点に活動しており、芸術に深い興味がない層の間でも高い知名度があります。画家であり、彫刻家でもある曽根は、芸術家と呼ぶのが相応しく、曽根の情熱と強烈なパワーは、作品から見える細部や哲学だけでなく、実際に曽根の隣に立つだけで迸っています。 世界中の美術館で個展を開いており、代表的なものとして、スイスのベルン美術館、アメリカ、コロラド州のアスペン美術館、シカゴ大学ルネッサンス・ソサエティ(すべて2006年)、ロサンゼルス現代美術館(2003年)、愛知県の豊田市美術館(2002年)があります。2003年には、日本代表として小谷元彦とともに第50回ヴェネツィア・ビエンナーレに出品しました。現在、ロサンゼルス在住で、同地を活動拠点としています。

作品の着想

曽根は次のように述べています。「これまで、長い間、素材として大理石を使ってきました。オルネッライア2013のテーマ、『レレガンツァ(エレガンス)』を表現するため、どの地へ行けばよいかが瞬間的に閃きました。ミケランジェロが彫刻の傑作、ダビデ像を制作するための石を採掘に行ったカッラーラの大理石の採石場です。 二人の友人、リュック・タイマンスとリクリット・ティーラワニットが、カッラーラへの旅に同行してくれました。海に面した小高い山並みは真っ白な大理石の崖に囲まれていて、魔法の国でした。三人でピクニックを楽しみました。私にとって、この地は崇高な自然の優雅さを象徴する場所であり、この地の料理、素晴らしいワイン、住民との会話、三人の友情から、素晴らしいインスピレーションを受けました。私がデザインしたラベルから分かるように、みんなで共有することの大切さ、友情、今回の旅でここでしか味わえない稀少で貴重な経験を表現しました」

特別ラベル

オルネッライア2013の特徴を表す言葉として選んだ「レレガンツァ(エレガンス」をモチーフにして、日本の芸術家、曽根裕(そねゆたか)が作品を作りました。これまでのヴェンデミア・ダルティスタと同様、曽根は、100本のダブルマグナム(3リットル)、10本のアンペリアル(6リットル)、世界に1本しかないサルマナザール(9リットル)の大型ボトル用の作品を制作しました。 また、750mlの通常ボトルの特別ラベルもデザインし、オルネッライア2013の1ケースに1本、特別ラベルのボトルが入っています。曽根は常に風景に深い関心を持っており、トスカーナ北部のカッラーラにある巨大な大理石の採石場を訪れ、友人の二人の芸術家とピクニックに出かけ、「レレガンツァ(エレガンス)」の着想を得ました。今回の作品は、ピクニックでの体験がもとになっており、母なる自然が持つ素晴らしいエレガンスに囲まれた中で、友情を祝福しています。10本のアンぺリアル・ボトルのラベルには、このピクニックの様子を写真、スクリーン印刷、彫刻で表現しています。