テロワール

ボルゲリに近い山麓に位置するオルネッライアは、丘に囲まれおり、地中海まで数キロの地にあります。夏は、地中海から吹く涼しい風がブドウ畑やオリーブの間を優しく通り抜け、冬季は北から吹く冷たい風を丘が遮ります。オルネッライアでは、ブドウが育ったテロワールをそのまま表現したものが当社のワインと考えています。この地では、変化に富んだ地形や土壌(海洋性、沖積性、火山由来の土壌)が地中海性気候を一体となって個性豊かなテロワールを造り、黒ブドウと白ブドウの両方に最適の自然環境となるのです。
丘のはるか上まで続く畑は、自然の美しさがそのまま残った地形に溶けこみ、幾何学模様が美しい巨大なモザイクに見えます。ここは、世界で例を見ないユニークな場所で、群を抜いて優雅で美しく複雑なワインが生まれる地です。オルネッライアでは、長い間蓄積した経験、深い知識、的確な判断により、品質と評価が飛躍的に上がりましたが、上質で優雅なワインの背景にあるのは素晴らしいテロワールです。私たちは日々、テロワールからインスピレーションを受けており、テロワールの素晴らしさを新しくて独創性の高い方法で表現したいと強く考えています。

  • シルト質の粘土
  • 厚い石灰性砂利質
  • 厚い砂利質の粘土
  • 薄い石灰性砂利質
  • 厚いローム性の粘土
  • 厚い砂利性、および、砂質の粘土
  • 厚い砂質の粘土
  • 赤色の更新世の砂質
  • 砂利性、および、石灰質の砂
  • シルト性の更新世の粘土
  • 砂利質の粘土
  • 浅い石灰質の粘土
  • 砂利性のシルト質の砂
  • 厚い砂利のシルト性粘土

畑の小区画

ベッラーリア・アルタ

標高:海抜100~133メートル

土壌:ローム質の粘土と砂利層(浅い層と深い層あり)を伴う石灰質

植樹密度:1ヘクタールあたり5,200~8,700本

ブドウの種類:カベルネ・ソーヴィニヨン、カベルネ・フラン、メルロー、プティ・ヴェルドー、ソーヴィニヨン・ブラン、プティ・マンサン

台木:101.14, 41B, Fercal, 420A, 110r, 3309c

植樹方向:東西

特徴:
冷涼で風通しがよい。晩熟型のブドウに適す。香りが高く、エレガントで複雑な風味のワインになる。白ワインにも適したテロワール。

ベッラーリア

標高:海抜52~103メートル

土壌:砂利層(浅い層と深い層あり)を伴う粘土質

植樹密度:1ヘクタールあたり5,200~8,333本

ブドウの種類:カベルネ・ソーヴィニヨン、カベルネ・フラン、メルロー

台木:420A, 3309c, 10.14, 41B, 161.49, 140ru, RGM, 110r

植樹方向:東西

特徴:
ベッラーリア・アルタに似る。晩熟型のブドウに適す。骨格がしっかりして、力があり、複雑な香りのワインになる。古木のカベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、カベルネ・フランはオルネッライアの特徴が顕著で、ブレンドの中核となる。

フォンティナ

標高:海抜93~108メートル

土壌:深い石灰性のローム質の粘土

植樹密度:1ヘクタールあたり6,250本

ブドウの種類:ソーヴィニヨン・ブラン、ヴィオニエ

台木:10.14,110r

植樹方向:東西

特徴:
北向きの斜面ながら、海に向かって開く絶好の立地で、風通しが非常に良い。白ワインに最適の畑。

ソンドラーイエ

標高:海抜41~51メートル

土壌:シルト性の粘土質

植樹密度:1ヘクタールあたり8,700本

ブドウの種類:カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー

台木:10.14, 3309c, 44.53

植樹方向:東西

特徴:
重い土質。温暖で早熟系の品種に適す。骨格のしっかりしたフル・ボディーのワインができる。

ボルゲレーゼ

標高:海抜60~80メートル

土壌:砂利性、石灰性の赤い砂質

植樹密度:1ヘクタールあたり6,410~12,821本

ブドウの種類:メルロー、カベルネ・フラン、プティ・ヴェルドー

台木:41B, 161.49, 110r, 101.14

植樹方向:東西

特徴:
標高は中間に位置する。柔らかく軽い土質で、早熟型のブドウに適する。早い時期に収穫すると、柔らかいく優しい骨格を備え、バランスに優れ、香り高いワインができる。

オルネッライア・フォルナ―チェ

標高:海抜80~95メートル

土壌:シルト性の粘土、および、砂利性、砂質の粘土

植樹密度:1ヘクタールあたり6,700~7,143本

ブドウの種類:カベルネ・ソーヴィニヨン

台木:101.14, 110r, Gravesac

植樹方向:南北、および、東西

特徴:
比較的温暖な区画で、特にカベルネ・ソーヴィニヨンに適す。

フェルッジーニ

標高:海抜25~35メートル

土壌:厚い砂利層のあるシルト性の粘土

植樹密度:1ヘクタールあたり6,250本

ブドウの種類:カベルネ・ソーヴィニヨン、カベルネ・フラン、メルロー

台木:101.14, 110r, Gravesac

植樹方向:東西

特徴:
低地にあり温暖な区画で、砂利質に富み、カベルネ・ソーヴィニヨンと相性がよい。