2010年の成長期

100% プティ・マンサン

2010年は近年の中でも、収穫が遅くなった年の一つとして記録に残る年と言えるでしょう。実際芽吹きも 通常より10日程遅く、そのまま収穫の時期にまで影響を及ぼしたようです。春先は非常に雨量が多く、夏は とても暑く乾燥し、その気候がぶどう房の成長にとても良い効果を及ぼしています。9月に時折降った雨に より、収穫を中断したこともありましたが、全体を通じて陽の光に恵まれ、乾燥した環境がぶどうの熟成を 完全なものとしました。ぶどう粒は非常にゆっくりと均一に自然な乾燥へと導かれ、気象条件に恵まれたた め、酸味と豊かな香りを保つことができました。収穫は年度の最後に、10月20日から11月11日にかけて4回 に分けて行い、その都度最適な状態に乾燥したぶどうだけを選んで収穫しました。

醸造と熟成

醸造所に運び込まれたぶどうは収穫ごとに別々に醸造を行いました。時間をかけて緩やかに圧搾し、一晩デ ブルバージュを行って固形物を沈殿。それぞれのロットはバリック新樽を100%使用し、22°C以下でアルコ ール醗酵が行われ、糖度とアルコール度数が求めるレベルに達したところで醗酵を止めます。マロラクティ ック醗酵は行いません。その後澱引きをし12ヶ月間熟成を行った後、別々に醸造・熟成されたロットをブレ ンドし、瓶詰めを行った後は更に1年間の瓶熟成を行い出荷しました。

テイスティングコメント

オルヌス・デル・オルネッライアは、テロワールにかける情熱と、この土地の持っている可能性探求への欲 求によって生まれた、究極の甘口ワインです。温暖な気候と秋のボルゲリに吹く風が、このワイン造りに大 きく貢献しています。 2010年ヴィンテージは、冷涼でぶどうの生育が非常に遅かった年を反映して、「北国」のワインのような 風合いを帯びていますが、プティ・マンサンらしさも色濃く出ています。生き生きとした豊かな果実香と共 に、シトラス、レモンピール、ミネラルの香りがかすかに感じられます。口に含むと、豊かな甘みが爽やか な酸味と見事に調和しているのが感じられます。ミネラル感のある余韻が非常に長く続きます。

2010年の成長期

100% プティ・マンサン

2010年は近年の中でも、収穫が遅くなった年の一つとして記録に残る年と言えるでしょう。実際芽吹きも 通常より10日程遅く、そのまま収穫の時期にまで影響を及ぼしたようです。春先は非常に雨量が多く、夏は とても暑く乾燥し、その気候がぶどう房の成長にとても良い効果を及ぼしています。9月に時折降った雨に より、収穫を中断したこともありましたが、全体を通じて陽の光に恵まれ、乾燥した環境がぶどうの熟成を 完全なものとしました。ぶどう粒は非常にゆっくりと均一に自然な乾燥へと導かれ、気象条件に恵まれたた め、酸味と豊かな香りを保つことができました。収穫は年度の最後に、10月20日から11月11日にかけて4回 に分けて行い、その都度最適な状態に乾燥したぶどうだけを選んで収穫しました。

醸造と熟成

醸造所に運び込まれたぶどうは収穫ごとに別々に醸造を行いました。時間をかけて緩やかに圧搾し、一晩デ ブルバージュを行って固形物を沈殿。それぞれのロットはバリック新樽を100%使用し、22°C以下でアルコ ール醗酵が行われ、糖度とアルコール度数が求めるレベルに達したところで醗酵を止めます。マロラクティ ック醗酵は行いません。その後澱引きをし12ヶ月間熟成を行った後、別々に醸造・熟成されたロットをブレ ンドし、瓶詰めを行った後は更に1年間の瓶熟成を行い出荷しました。

テイスティングコメント

オルヌス・デル・オルネッライアは、テロワールにかける情熱と、この土地の持っている可能性探求への欲 求によって生まれた、究極の甘口ワインです。温暖な気候と秋のボルゲリに吹く風が、このワイン造りに大 きく貢献しています。 2010年ヴィンテージは、冷涼でぶどうの生育が非常に遅かった年を反映して、「北国」のワインのような 風合いを帯びていますが、プティ・マンサンらしさも色濃く出ています。生き生きとした豊かな果実香と共 に、シトラス、レモンピール、ミネラルの香りがかすかに感じられます。口に含むと、豊かな甘みが爽やか な酸味と見事に調和しているのが感じられます。ミネラル感のある余韻が非常に長く続きます。