オルネッライア 2006 レズブランツァ(活力) (L'Esuberanza)

DOCボルゲリ・ロッソ・スペリオーレ

極上のワインを造りたいとの熱い思いで立ち上げたオルネッライアの哲学を見事に表現しています。オルネッライアは、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、カベルネ・フラン、プティ・ヴェルドをブレンドし、ボルゲリの豊かなテロワールの卓越性を感じるワインです。

2006年の成長期

56% カベルネ・ソーヴィニョン

27% メルロー

12% カベルネ・フラン

5% プティ・ヴェルド

2006年は、雨に恵まれましたが非常に寒い冬で始まります。続いて温かい春が訪れましたが、つぼみが出たのは例年より少し遅く、開花して満開になったのは6月の第1週でした。ブドウの木とつぼみの状態を細かくチェックして、細心の注意で剪定を実施し、これにより生命力に溢れるつぼみが育ちました。樹齢が若い畑でも同様で、ブドウの木を健康に育て、上質のブドウを収穫するには、的確な剪定が欠かせません。 2006年の夏、トスカーナの沿岸地区にはほとんど雨が降りませんでした。幸い、異常な高温には至らず、香り豊かなブドウが育ちます。収穫開始時には、凝縮感が高く十分に成熟したブドウとなりました。9月の初旬、陽光に溢れて爽やかな風が吹く中、完璧なタイミングでメルローとカベルネ・フランを収穫しました。9月15日と16日に雨が降り、カベルネ・ソーヴィニヨンの成熟が少し遅れましたが 、その後、天候に恵まれて完璧に成熟。収穫して醸造所へ運びました。10月4日の夕刻、収穫が全て終わりました。

醸造と熟成

畑では、健康で上質のブドウだけを選んで丁寧に手摘みで収穫し、実が潰れないよう、容量が15kgの小型コンテナーに入れ醸造所へ運びました。醸造所では、除梗前と後の2回、選果台の両側に経験を積んだ職人が並び、手作業で健全なブドウを選別します。厳しい目で選んだ上質のブドウは、柔らかく破砕しました。ブドウは、品種ごと、区画ごとに、分けて醸造し、合計66のベース・ワインを造ります。ワインは、バリックに入れて18ヵ月間、温度管理したセラーで熟成させました。12ヵ月熟成させた時点でワインをブレンドし、6ヵ月、樽で熟成させます。ボトルに詰めた後、6ヵ月の瓶内熟成を経て、市場にリリースしました。

テイスティングコメント

「オルネッライア 2006 の最大の特徴は、生命力と豊かな深みにあります。2006 年から、ワインと芸術のコラボレーションである「ヴェンデミア・ダルティスタ」を開始し、ヴィンテージの特徴を1語で表現して、その言葉をモチーフにし芸術家が作品を作っています。第1回目となった 2006 年を表す言葉は「レズブランツァ(活力)」で、イタリア人の彫刻家、ルイジ・オンターニがデザインを担当しました。オルネッライア 2006 は、力強く凝縮感の高いワインで、口の中に躍動感が溢れます。複雑で豊かな香り、甘みがあって緻密でまろやかなタンニン、活き活きした酸味の3つが絶妙のバランスを見せ 、非常にエレガントなワインに仕上がりました。」

2009 年5月 最高醸造責任者 アクセル・ハインツ

RATINGS

Wine Advocate 97

Wine Spectator 95

James Suckling 98

Antonio Galloni 97

2006年の成長期

56% カベルネ・ソーヴィニョン

27% メルロー

12% カベルネ・フラン

5% プティ・ヴェルド

2006年は、雨に恵まれましたが非常に寒い冬で始まります。続いて温かい春が訪れましたが、つぼみが出たのは例年より少し遅く、開花して満開になったのは6月の第1週でした。ブドウの木とつぼみの状態を細かくチェックして、細心の注意で剪定を実施し、これにより生命力に溢れるつぼみが育ちました。樹齢が若い畑でも同様で、ブドウの木を健康に育て、上質のブドウを収穫するには、的確な剪定が欠かせません。 2006年の夏、トスカーナの沿岸地区にはほとんど雨が降りませんでした。幸い、異常な高温には至らず、香り豊かなブドウが育ちます。収穫開始時には、凝縮感が高く十分に成熟したブドウとなりました。9月の初旬、陽光に溢れて爽やかな風が吹く中、完璧なタイミングでメルローとカベルネ・フランを収穫しました。9月15日と16日に雨が降り、カベルネ・ソーヴィニヨンの成熟が少し遅れましたが 、その後、天候に恵まれて完璧に成熟。収穫して醸造所へ運びました。10月4日の夕刻、収穫が全て終わりました。

醸造と熟成

畑では、健康で上質のブドウだけを選んで丁寧に手摘みで収穫し、実が潰れないよう、容量が15kgの小型コンテナーに入れ醸造所へ運びました。醸造所では、除梗前と後の2回、選果台の両側に経験を積んだ職人が並び、手作業で健全なブドウを選別します。厳しい目で選んだ上質のブドウは、柔らかく破砕しました。ブドウは、品種ごと、区画ごとに、分けて醸造し、合計66のベース・ワインを造ります。ワインは、バリックに入れて18ヵ月間、温度管理したセラーで熟成させました。12ヵ月熟成させた時点でワインをブレンドし、6ヵ月、樽で熟成させます。ボトルに詰めた後、6ヵ月の瓶内熟成を経て、市場にリリースしました。

テイスティングコメント

「オルネッライア 2006 の最大の特徴は、生命力と豊かな深みにあります。2006 年から、ワインと芸術のコラボレーションである「ヴェンデミア・ダルティスタ」を開始し、ヴィンテージの特徴を1語で表現して、その言葉をモチーフにし芸術家が作品を作っています。第1回目となった 2006 年を表す言葉は「レズブランツァ(活力)」で、イタリア人の彫刻家、ルイジ・オンターニがデザインを担当しました。オルネッライア 2006 は、力強く凝縮感の高いワインで、口の中に躍動感が溢れます。複雑で豊かな香り、甘みがあって緻密でまろやかなタンニン、活き活きした酸味の3つが絶妙のバランスを見せ 、非常にエレガントなワインに仕上がりました。」

2009 年5月 最高醸造責任者 アクセル・ハインツ

RATINGS

Wine Advocate 97

Wine Spectator 95

James Suckling 98

Antonio Galloni 97