2006年の成長期

56% カベルネ・ソーヴィニョン

27% メルロー

12% カベルネ・フラン

5% プティ・ヴェルド

2006年の前半は、寒く雨の多い冬が芽吹きを遅らせ、春に暖かい日々の続いたものの生育の遅れを取り戻 すことが出来ず、花が満開となったのは6月の第一週でした。一方新芽の活力は若い畑においても豊産性に 恵まれ、摘果により生産バランスを調整しました。夏はトスカーナ州の海岸地区では雨がほとんど降らず、 そして幸運なことに気温は過度に高くなく、ぶどうの芳香成分を高めることができました。収穫期の初めに は、ぶどうは成分が凝縮して均一に熟し、完璧な状態でした。9月初めは陽光に恵まれ、風が吹き、メルロ ーとカベルネ・フランの収穫に最適な気候でした。9月15日と16日に降り続いた雨は、カベルネ・ソーヴィニ ョンの成熟を遅らせましたが、収穫を数日待つことにより、完璧な状態で醸造所へ運び込むことが出来まし た。収穫終了は10月4日でした。

醸造と熟成

オルネッライア 2006用のぶどうは、15kg容量の小箱を使用し手摘みによる収穫を行っています。除梗前と除梗後の2回にわ たって丹念にぶどうを選別し、続いて軽く破砕した後、各品種・各区画ごとに別々に醸造を行うことにより 、それぞれがテロワールの特徴を表しているベースワインの合計は66種類となりました。ワインは当社の温 度管理された当社のセラーにて18ヶ月間バリック熟成を行っています。熟成期間中12ヵ月過ぎた段階でブ レンドを行い、再びバリック樽にて6ヶ月の熟成を行いました。その後は瓶詰め後更に12ヶ月間の瓶熟成を 行い出荷をしています。

テイスティングコメント

2009年5月のテイスティングにおいて オルネッライア 2006の主なる特徴は、まさしく「躍動感がありふくよか」と表現することができます。非常に凝縮したその 力強さは、口に含むとすぐに深く濃い味わいとして感じることが出来ます。豊かな香りとタンニン、そして 、心地よい酸味と その他の要素が完全に調和した味わいを作り上げ、後味は極めて優雅です。

2006年の成長期

56% カベルネ・ソーヴィニョン

27% メルロー

12% カベルネ・フラン

5% プティ・ヴェルド

2006年の前半は、寒く雨の多い冬が芽吹きを遅らせ、春に暖かい日々の続いたものの生育の遅れを取り戻 すことが出来ず、花が満開となったのは6月の第一週でした。一方新芽の活力は若い畑においても豊産性に 恵まれ、摘果により生産バランスを調整しました。夏はトスカーナ州の海岸地区では雨がほとんど降らず、 そして幸運なことに気温は過度に高くなく、ぶどうの芳香成分を高めることができました。収穫期の初めに は、ぶどうは成分が凝縮して均一に熟し、完璧な状態でした。9月初めは陽光に恵まれ、風が吹き、メルロ ーとカベルネ・フランの収穫に最適な気候でした。9月15日と16日に降り続いた雨は、カベルネ・ソーヴィニ ョンの成熟を遅らせましたが、収穫を数日待つことにより、完璧な状態で醸造所へ運び込むことが出来まし た。収穫終了は10月4日でした。

醸造と熟成

オルネッライア 2006用のぶどうは、15kg容量の小箱を使用し手摘みによる収穫を行っています。除梗前と除梗後の2回にわ たって丹念にぶどうを選別し、続いて軽く破砕した後、各品種・各区画ごとに別々に醸造を行うことにより 、それぞれがテロワールの特徴を表しているベースワインの合計は66種類となりました。ワインは当社の温 度管理された当社のセラーにて18ヶ月間バリック熟成を行っています。熟成期間中12ヵ月過ぎた段階でブ レンドを行い、再びバリック樽にて6ヶ月の熟成を行いました。その後は瓶詰め後更に12ヶ月間の瓶熟成を 行い出荷をしています。

テイスティングコメント

2009年5月のテイスティングにおいて オルネッライア 2006の主なる特徴は、まさしく「躍動感がありふくよか」と表現することができます。非常に凝縮したその 力強さは、口に含むとすぐに深く濃い味わいとして感じることが出来ます。豊かな香りとタンニン、そして 、心地よい酸味と その他の要素が完全に調和した味わいを作り上げ、後味は極めて優雅です。