1997年の成長期

65% カベルネ・ソーヴィニョン

30% メルロー

5% カベルネ・フラン

1997年は暖かい春となり、ぶどうの芽吹きが例年より早まりました。その後、4月半ばの予想外の霜の後、 雨が月末まで続き、これによって生育のスピードが若干弱まりました。 5月からは気温がかなり上昇し、夏期は非常に暑く乾燥した気候となりました。そのため、ぶどうの成熟は 平年よりも早く進み、収穫は最良のコンディションで9月の初めに行われました。 この収穫の時点でぶどうのクオリティが極めて高いこと(ぶどうが完熟し、成熟したタンニン分が凝縮した 状態)が確認されました。収穫量は、気候の影響により果房の大きさが平均より小さかったため、例年より 少なくなりました。

醸造と熟成

オルネッライア 1997に使用されたぶどうは除梗・破砕後、一部は中サイズの木樽、一部はステンレスタンクを使用し、30°C 以下の温度でアルコール醗酵を行い、引き続き20- 25日間のマセラシオン(醸し)を行っています。その後、フレンチオークのバリック樽(新樽50%、2年樽50 %)に移し変え、バリック樽内でマロラクティック醗酵を終了しています。醸造及び熟成は品種と畑の区画 ごとに別々に行っています。ワインは完全温度管理下で18ヶ月間バリック熟成し、その後ブレンド。瓶詰め 後更に12ヶ月間の瓶熟成を行った後出荷をしています。 1997年の収穫において、既に充分品質が高いことは認められましたが、更に前年より生産量を20%減らし 、入念な選果を行いました。

1997年の成長期

65% カベルネ・ソーヴィニョン

30% メルロー

5% カベルネ・フラン

1997年は暖かい春となり、ぶどうの芽吹きが例年より早まりました。その後、4月半ばの予想外の霜の後、 雨が月末まで続き、これによって生育のスピードが若干弱まりました。 5月からは気温がかなり上昇し、夏期は非常に暑く乾燥した気候となりました。そのため、ぶどうの成熟は 平年よりも早く進み、収穫は最良のコンディションで9月の初めに行われました。 この収穫の時点でぶどうのクオリティが極めて高いこと(ぶどうが完熟し、成熟したタンニン分が凝縮した 状態)が確認されました。収穫量は、気候の影響により果房の大きさが平均より小さかったため、例年より 少なくなりました。

醸造と熟成

オルネッライア 1997に使用されたぶどうは除梗・破砕後、一部は中サイズの木樽、一部はステンレスタンクを使用し、30°C 以下の温度でアルコール醗酵を行い、引き続き20- 25日間のマセラシオン(醸し)を行っています。その後、フレンチオークのバリック樽(新樽50%、2年樽50 %)に移し変え、バリック樽内でマロラクティック醗酵を終了しています。醸造及び熟成は品種と畑の区画 ごとに別々に行っています。ワインは完全温度管理下で18ヶ月間バリック熟成し、その後ブレンド。瓶詰め 後更に12ヶ月間の瓶熟成を行った後出荷をしています。 1997年の収穫において、既に充分品質が高いことは認められましたが、更に前年より生産量を20%減らし 、入念な選果を行いました。