1994年の成長期

81% カベルネ・ソーヴィニョン

14% メルロー

5% カベルネ・フラン

1994年の春は例年に比べて暑く、雨も程よく降りました。そのため開花時期が早まり、メルローは5月半ば に開花しました。夏は気温が極めて高く、雨もほとんど降りませんでした。その後、9月になってようやく 降った雨のお陰でぶどう畑は潤いを得ることができました。 収穫は15kg容量のかごを使用し、全て手摘みで行われました。メルローの収穫は9月4日から15日にかけて 、カベルネ・ソーヴィニョンとカベルネ・フランは9月19日から10月14日にかけて行われました。

醸造と熟成

オルネッライア 1994に使用されたぶどうは、除梗、軽い破砕後、一部は木樽、一部はステンレスタンクを使用し、アルコ ール醗酵後マセラシオン(醸し)を21-30日間行っています。 その後フレンチオークのバリック樽へ移し、そこでマロラクティック醗酵が終了しています。バリック樽で の熟成は15ヶ月間行われ、熟成には、33%がフレンチオークの新樽(主にアリエ産とヌヴェール産)、67%が 使用済み樽を使っています。 そして濾過なしで瓶詰め後、更に15ヶ月間の瓶熟成を行った後市場へ出荷しています。

テイスティングコメント

垂直テイスティング:2001年6月12日 オルネッライア 1994年は、色合いは濃いルビー色で、熟した果実の香り、バニラ、木の香りが非常に上品に感じられ、軽 くミネラル香も感じられます。口に含むと、しっかりとした骨格と成熟したタンニンが感じられます。ワイ ンは既に充分に楽しむことのできる状態に達していますが、更に何年か熟成させることによって、より味わ い深くなるでしょう。

1994年の成長期

81% カベルネ・ソーヴィニョン

14% メルロー

5% カベルネ・フラン

1994年の春は例年に比べて暑く、雨も程よく降りました。そのため開花時期が早まり、メルローは5月半ば に開花しました。夏は気温が極めて高く、雨もほとんど降りませんでした。その後、9月になってようやく 降った雨のお陰でぶどう畑は潤いを得ることができました。 収穫は15kg容量のかごを使用し、全て手摘みで行われました。メルローの収穫は9月4日から15日にかけて 、カベルネ・ソーヴィニョンとカベルネ・フランは9月19日から10月14日にかけて行われました。

醸造と熟成

オルネッライア 1994に使用されたぶどうは、除梗、軽い破砕後、一部は木樽、一部はステンレスタンクを使用し、アルコ ール醗酵後マセラシオン(醸し)を21-30日間行っています。 その後フレンチオークのバリック樽へ移し、そこでマロラクティック醗酵が終了しています。バリック樽で の熟成は15ヶ月間行われ、熟成には、33%がフレンチオークの新樽(主にアリエ産とヌヴェール産)、67%が 使用済み樽を使っています。 そして濾過なしで瓶詰め後、更に15ヶ月間の瓶熟成を行った後市場へ出荷しています。

テイスティングコメント

垂直テイスティング:2001年6月12日 オルネッライア 1994年は、色合いは濃いルビー色で、熟した果実の香り、バニラ、木の香りが非常に上品に感じられ、軽 くミネラル香も感じられます。口に含むと、しっかりとした骨格と成熟したタンニンが感じられます。ワイ ンは既に充分に楽しむことのできる状態に達していますが、更に何年か熟成させることによって、より味わ い深くなるでしょう。