2005年の成長期

35% メルロー

50% カベルネ・ソーヴィニョン

10% プティ・ヴェルド

5% カベルネ・フラン

2005年の初めは比較的温暖な冬でしたが、2月と3月に時折寒い日もあったため、畑の樹々の芽吹きが数日 遅れました。続いて訪れた春は暖かく、太陽の光を充分に受けることが出来ました。この結果、開花時期が 1週間程早まり、早生品種は5月20日頃に開花しました。早い時期から、生育力と豊産性のバランスが完全 にとれていることが明らかでした。摘果は平年通りに行われました。6~7月は全般的に暑いながらも時々雨 が降るという理想的な気候で進行し、ぶどうの色づきは均一になりました。8月は夏場の平均気温32°Cを超 えることはなく、ぶどうの成熟はゆっくりと進んでいきました。8月半ば頃に少し降った雨が、ぶどうの生 育に非常に良い影響を与えました。8月末に行われた最初の分析では、優良ヴィンテージの指針となるポリ フェノール値の非常に高い数値が計測されました。8月30日、より樹齢の若いメルローから収穫を開始しま した。度々雨により一時休止を余儀なくされましたが、海から吹く風がぶどうを

醸造と熟成

15kg容量のかごを使用し手摘みによる収穫を行いました。除梗前と除梗後の2回にわたってぶどうを選別し 、続いて軽く破砕。醸

テイスティングコメント

2007年9月に試飲 レ・セッレ・ヌオーヴェ・デル・オルネッライア 2005は香りとコクとのバランスの良さがその持ち味と言えるでしょう。鮮やかであると同時に深みのある 色合い。より若い畑のぶどうはフレッシュな果実を、より樹齢の高い畑のぶどうはスパイスやミントの香り をこのワインに与えています。メルローがまず口の中に豊かに広がり、カベルネ・ソーヴィニョンとカベル ネ・フランの骨格に支えられて味わいが持続し、プティ・ヴェルドの爽やかなタンニンによって更に増幅され 、このワインを口に含むと味覚の全てが刺激されるような感覚を受けるでしょう。

2005年の成長期

35% メルロー

50% カベルネ・ソーヴィニョン

10% プティ・ヴェルド

5% カベルネ・フラン

2005年の初めは比較的温暖な冬でしたが、2月と3月に時折寒い日もあったため、畑の樹々の芽吹きが数日 遅れました。続いて訪れた春は暖かく、太陽の光を充分に受けることが出来ました。この結果、開花時期が 1週間程早まり、早生品種は5月20日頃に開花しました。早い時期から、生育力と豊産性のバランスが完全 にとれていることが明らかでした。摘果は平年通りに行われました。6~7月は全般的に暑いながらも時々雨 が降るという理想的な気候で進行し、ぶどうの色づきは均一になりました。8月は夏場の平均気温32°Cを超 えることはなく、ぶどうの成熟はゆっくりと進んでいきました。8月半ば頃に少し降った雨が、ぶどうの生 育に非常に良い影響を与えました。8月末に行われた最初の分析では、優良ヴィンテージの指針となるポリ フェノール値の非常に高い数値が計測されました。8月30日、より樹齢の若いメルローから収穫を開始しま した。度々雨により一時休止を余儀なくされましたが、海から吹く風がぶどうを

醸造と熟成

15kg容量のかごを使用し手摘みによる収穫を行いました。除梗前と除梗後の2回にわたってぶどうを選別し 、続いて軽く破砕。醸

テイスティングコメント

2007年9月に試飲 レ・セッレ・ヌオーヴェ・デル・オルネッライア 2005は香りとコクとのバランスの良さがその持ち味と言えるでしょう。鮮やかであると同時に深みのある 色合い。より若い畑のぶどうはフレッシュな果実を、より樹齢の高い畑のぶどうはスパイスやミントの香り をこのワインに与えています。メルローがまず口の中に豊かに広がり、カベルネ・ソーヴィニョンとカベル ネ・フランの骨格に支えられて味わいが持続し、プティ・ヴェルドの爽やかなタンニンによって更に増幅され 、このワインを口に含むと味覚の全てが刺激されるような感覚を受けるでしょう。