1999年の成長期

70% カベルネ・ソーヴィニョン

30% メルロー

1999年の作柄は、1998年の作柄に比べて冬がとても寒く畑のぶどう樹々の芽吹きが一週間遅くなりました 。春は平年並みの降雨量と気温で、開花や生育状態は98年と似通った状態となりました。開花期の良好な気 候状況により結実が平年より多くなり、予想よりも生産量が多くなりました。 夏は暑く雨が降らず、果粒の色づきが前年よりも一週間早まり、極めて均一に色づきました。 7月の初めには、まずメルローの摘果(約30%)、その後カベルネ・ソーヴィニョンの摘果(約10%)を行い、残 りの果実の成熟が良い状態で進むよう手入れを行いました。 メルローの収穫は、9月の初めに樹齢の若い畑から開始し、9月の半ばには樹齢の高い畑の収穫が終了しまし た。収穫した果粒は非常に均一に熟し良好な状態でした。収穫は15kg容量のかごを使用し、手摘みで行い ました。 続けてカベルネ・ソーヴィニョンとカベルネ・フランの収穫が、9月半ばから10月初めまで行われました。カ ベルネ・ソーヴィニョンは夏の暑さと雨不足にも特に左右される事なく、収穫時の果粒は完璧な成熟状態に 達していました。

醸造と熟成

醸造および熟成は、各品種・各区画ごとに別々に行われています。除梗・破砕後、一部は中サイズの木樽、 一部はステンレスタンクを使用し、30°C以下の温度でアルコール醗酵。 引き続き約20日間のマセラシオン(醸し)を行っています。 その後ワインはフレンチオークのバリック樽(新樽および使用済み樽)へ移され、完全温度管理された当社 のセラーで18ヶ月間バリック熟成。瓶詰め後更に6ヶ月間の瓶熟成を行った後出荷しています。

テイスティングコメント

2001年9月のテイスティングにおいて ボルゲリの1999年ヴィンテージは特筆すべきものとなりました。濃厚さ、骨格、バランスといったカベル ネ・ソーヴィニョンのあらゆる可能性が全開になりました。レ・セッレ・ヌオーヴェ・デル・オルネッライ ア 1999は今日、力強くエネルギッシュな素晴らしいワインとなりました。第2アロマがカベルネ・ソーヴィニ ョンとメルローの果実の風味と優れた調和を見せています。この爽やかさ、バランス、テクスチャーから見 て、まだ数年の熟成の可能性を残すワインです。

1999年の成長期

70% カベルネ・ソーヴィニョン

30% メルロー

1999年の作柄は、1998年の作柄に比べて冬がとても寒く畑のぶどう樹々の芽吹きが一週間遅くなりました 。春は平年並みの降雨量と気温で、開花や生育状態は98年と似通った状態となりました。開花期の良好な気 候状況により結実が平年より多くなり、予想よりも生産量が多くなりました。 夏は暑く雨が降らず、果粒の色づきが前年よりも一週間早まり、極めて均一に色づきました。 7月の初めには、まずメルローの摘果(約30%)、その後カベルネ・ソーヴィニョンの摘果(約10%)を行い、残 りの果実の成熟が良い状態で進むよう手入れを行いました。 メルローの収穫は、9月の初めに樹齢の若い畑から開始し、9月の半ばには樹齢の高い畑の収穫が終了しまし た。収穫した果粒は非常に均一に熟し良好な状態でした。収穫は15kg容量のかごを使用し、手摘みで行い ました。 続けてカベルネ・ソーヴィニョンとカベルネ・フランの収穫が、9月半ばから10月初めまで行われました。カ ベルネ・ソーヴィニョンは夏の暑さと雨不足にも特に左右される事なく、収穫時の果粒は完璧な成熟状態に 達していました。

醸造と熟成

醸造および熟成は、各品種・各区画ごとに別々に行われています。除梗・破砕後、一部は中サイズの木樽、 一部はステンレスタンクを使用し、30°C以下の温度でアルコール醗酵。 引き続き約20日間のマセラシオン(醸し)を行っています。 その後ワインはフレンチオークのバリック樽(新樽および使用済み樽)へ移され、完全温度管理された当社 のセラーで18ヶ月間バリック熟成。瓶詰め後更に6ヶ月間の瓶熟成を行った後出荷しています。

テイスティングコメント

2001年9月のテイスティングにおいて ボルゲリの1999年ヴィンテージは特筆すべきものとなりました。濃厚さ、骨格、バランスといったカベル ネ・ソーヴィニョンのあらゆる可能性が全開になりました。レ・セッレ・ヌオーヴェ・デル・オルネッライ ア 1999は今日、力強くエネルギッシュな素晴らしいワインとなりました。第2アロマがカベルネ・ソーヴィニ ョンとメルローの果実の風味と優れた調和を見せています。この爽やかさ、バランス、テクスチャーから見 て、まだ数年の熟成の可能性を残すワインです。